トップ福祉・健康高齢福祉在宅福祉サービス> 「食」の自立支援事業(配食サービス等)

「食」の自立支援事業(配食サービス等)

要介護状態(要支援・要介護認定者等)により、食事の調理ができない又は困難なひとり暮らしや高齢者のみの世帯の人に、食関連サービスの利用調整を行い、必要と認められた人に対して栄養のバランスのとれた食事を届け(昼食時)、安否を確認します。

  1. 申し込みからサービス開始まで
    1. 「高齢福祉課」19番窓口、または「地域包括支援センター」、「在宅介護支援センター」に申し込みます。
    2. 訪問により、状況(心身の状況、食事支援の状況、設備状況等)を確認し十分なアセスメントを行います。
    3. 該当する場合、配食サービスを開始します。
       
  2. サービスを利用できる人
    ひとり暮らし世帯・高齢者のみの世帯・高齢者と調理が困難な障がい者のみの世帯で、おおむね65歳以上の要介護状態(要介護認定者等)にある高齢者で、身体機能低下等により自分で食事の調理ができない人、又は困難な人。
     
  3. サービスの内容
    1. 食関連サービスの利用調整
    2. 必要な方に食事を配達します。(昼食のみ) 
    3. 食事を手渡しながら安否確認を行います。
       
  4. 利用者負担
    1食400円  (食材料費として)

掲載日 平成22年11月5日 更新日 平成28年10月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 高齢福祉課 長寿推進係 19番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2288
FAX:
0289-63-2284
Mail:
(メールフォームが開きます)