トップ福祉・健康高齢福祉在宅福祉サービス> 老人性白内障の眼鏡費用助成

老人性白内障の眼鏡費用助成

老人性白内障の手術後、視力矯正のために特殊眼鏡等を作った場合、眼鏡費用の一部を助成します。

  1. 申し込みから助成まで

  申請書に証明書・領収書(申請者名が記載されており、「特殊眼鏡」等の但し書きがあるもの)を添付して「高齢福祉課」19番窓口に申請します。

    ↓

  該当の場合、申請書の口座に助成金が振り込まれます。
 

2.助成を受けられる人

  以下の(1)(2)の要件を全て満たす方
    (1) 鹿沼市内に住む65歳以上の方

    (2) 白内障の手術を受け、身体上の理由により眼内レンズを挿入することができないため、特殊眼鏡又はコンタクトレンズを作られた人
 

3.助成内容

  眼鏡費用のうち以下の限度額まで助成します(限度額未満は実費を助成します)。
  限度額は特殊眼鏡一対につき30,000円、コンタクトレンズ一眼につき10,000円です。

 

4.申請期限

  特殊眼鏡等を購入した翌月から1年以内


掲載日 平成22年9月24日 更新日 平成28年10月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 高齢福祉課 長寿推進係 19番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2288
FAX:
0289-63-2284
Mail:
(メールフォームが開きます)