トップ子育て・教育小・中学校> 食生活アンケート(小・中学生)の結果について

食生活アンケート(小・中学生)の結果について

平成29年7月に小中学生対象に食生活アンケートを実施しましたので、結果をお知らせします。

主な内容では、「学校給食がすき」と回答した割合が、昨年度に比べて小学校では若干増加し、中学校では若干減少するという結果でした。すきな理由は「おいしい給食がみんなと一緒に食べられる」と多くの児童生徒が回答しています。また、「朝食を毎日食べる」児童生徒は、小学校で約91.8 %、中学校で約89.6 %で、小学校は過去10年の中で最も低い結果でした。身体の不調がある児童生徒も相変わらず多く、排便の習慣の乱れのある児童生徒が多いなどの問題も多く見られます。

アンケートの結果から朝食の摂取と身体の状況の関係、朝食の内容と身体の状況、中学校においては共食との関係をまとめました。就寝時間が遅い児童生徒ほど朝食を食べてこない割合が高いこと、また、朝食を毎日食べない児童生徒は排便の習慣も乱れている児童生徒が多いこと、そして「やる気がおこらない」「授業に集中できない」など身体の調子が悪いことがわかります。

アンケート集計結果

pdf食生活アンケート(小学校)(pdf 361 KB)
pdf食生活アンケート(中学校)(pdf 368 KB)
pdf小学校クロス集計(pdf 433 KB)
pdf中学校クロス集計(pdf 672 KB)

掲載日 平成29年9月14日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 学校給食共同調理場
住所:
〒322-0026 栃木県鹿沼市茂呂1889-1
電話:
0289-62-2349
FAX:
0289-63-3330
Mail:
(メールフォームが開きます)