トップ子育て・教育生涯学習かぬま21世紀学びのまち推進プラン> かぬま21世紀学びのまち推進プラン(後期)

かぬま21世紀学びのまち推進プラン(後期)

平成19年3月に策定した「かぬま21世紀学びのまち推進構想」に基づき、平成21年3月に、施策推進の方向性や具体的事業を盛り込んだ「かぬま21世紀学びのまち推進プラン(前期)」を策定しました。その成果と反省を踏まえ、平成26年3月に「かぬま21世紀学びのまち推進プラン(後期)」を策定しました。本プランは、推進構想の期間である10年間を、前期・後期と分けており、平成21年度から25年度までの5年間を前期、平成26年度から30年度までを後期の推進期間としています。

※PDFファイルから閲覧することも可能です。

PDFかぬま21世紀学びのまち推進構想(PDF 3.38 MB)

PDFかぬま21世紀学びのまち推進プラン(前期)(PDF 1.54 MB)

PDFかぬま21世紀学びのまち推進プラン(後期)(PDF 2.26 MB)

プランの趣旨

市民のみなさんの主体的な「学び」と、その「学び」で得た知識や経験、「学び」をとおして出会った様々な人とのきずなを基盤として、住むまちや地域を自らの手でつくる「自治」と、市民と各関係機関が連携・協力し合い、まちづくり・地域づくりを進める「協働」を推進する「学びのまち」を実現させるためのプランです。

プランの進め方

市民の主体的なまちづくりを推進するためには、その活動の基盤となる学習が重要であり、そうした市民の学習がまちのいたるところで活発に行われているのが「学びのまち」です。 このプランでは、いつでも、どこでも、誰でもが自らの意欲によって学び続け、刻々と変化する社会に順応でき潤いのある生活を送ることができるよう、次の5つの基本方針に沿って、学びの楽しみと意義が感じられる施策を展開します。
特に「人づくり」に視点をあてた学び・事業について、5年間での年次計画を立て事業を推進します。

  1. 中高年の学習支援 主な事業・年次計画
    • 身近な場所、地元での学びの支援
    • 超高齢社会への対応など、中高年のニーズに適応した学習の支援
    • これまでの知識や経験が地域で活かせる場の提供
    • 地域の中の様々な世代間交流活動の支援
  2. 家庭・地域の教育力の向上 主な事業・年次計画
    • 家庭教育への多角的な学びと子育て支援
    • 家庭と地域の連携を深めるための活動支援
    • 学校を拠点とした地域住民の学びと活動の支援
  3. 青少年の参画 主な事業・年次計画
    • 少年期である子どもたちが地域の人や仲間と交流する体験事業の実施
    • 青年期である若者たちがまちづくりへ参画する機会の充実と環境づくり
    • ボランティアや地域活動への意識向上
  4. 現代的・地域課題への取り組み 主な事業・年次計画
    • 単身世帯を含めた地域全体のきずなを結ぶ事業の実施
    • 現代的課題を学ぶ各種講座の開催
    • 地域課題に対する学びと解決への実践活動
  5. まちづくり市民活動・ボランティアの支援 主な事業・年次計画
    • 市民活動の支援と協働のまちづくりの推進
    • ボランティア活動の支援
    • 情報交換・人的交流によるネットワークの拡充
    • コミュニティセンターを拠点とした地域での市民活動の支援

掲載日 平成22年11月12日 更新日 平成28年9月27日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 生涯学習課 生涯学習係
住所:
〒322-0064 栃木県鹿沼市文化橋町1982-18(市民情報センター 4階)
電話:
0289-63-3498
FAX:
0289-63-8325
Mail:
(メールフォームが開きます)