トップ子育て・教育自然体験交流センター活動案内> 食体験アクティビティ

食体験アクティビティ

食体験アクティビティ紹介

1.カレーライスカレー作りの写真

野外調理の定番中の定番、カレーライスです。

センターでは、直火で羽釜を使ってご飯を炊きますので、ふっくらおいしいご飯を炊くことができます。



みんなでわいわい、カレー作り


2.バーベキューバーベキューの写真

特製の机を使って、簡単にバーベキューを行うことができます。

野菜を切って、炭の準備が整えば

・・・いただきま~す!

バーベキューでは、

野菜も残さず食べましょう

 

3.うどん打ち・そば打ちうどん打ち・そば打ちの写真

こね鉢からこま板まで使う道具は全てセンターにそろっています。あとは皆さんの腕次第!

次の日は、腕がパンパンになるかな?



麺の生地は、しっかりとこねます

 

4.もちつきもちつきの写真

今は、家庭でもちつきをする機会もずいぶんと減ってしまいました。臼の中心をはずさないように、うまく杵を振り下ろしてください。

つきたてのお餅は、やわらかくて絶品です!


二人で協力してのもちつき

 

5.バウムクーヘンバウムクーヘン作りの写真

竹に生地を薄く塗り、じっくり焼き色がつくまであぶります。その繰り返しで、バウムクーヘンの年輪模様ができあがっていくのです。何度も繰り返し、大きくなってきたら少しさましていよいよ輪切りにします。

切った断面を見れば、歓声が上がること間違いなし!


生地が竹から落ちないように、慎重に

6.ピザピザ作りの写真

生地も粉から作ります。しっかりこねて発酵させれば、ふわふわの生地に仕上がります。具を切って、自分の好みでトッピングをしたら、いよいよ焼きに入ります。

アツアツこんがりの焼きたてピザを召し上がれ。


具を切って、自分でトッピング

ちゃんと野菜ものせよう

7.バナナケーキバナナケーキ作りの写真

生地をこね、その中にバナナをつぶして入れます。型に流し込み、弱火にしたダッチオーブンでじっくり焼きましょう。バナナの甘い香りが漂ってきます。

焼きあがって少し冷ませば、よりおいしく召しあがれます。


少し冷ますと、

より甘みが増しておいしいです

8.ローストチキンローストチキンの写真

鳥をまるのまま、豪快に調理します。周りには、ジャガイモやにんじんをそのまま入れておけば、鳥と同時においしく焼きあがります。

周りは焼き色がついてパリパリに、中はやわらかくジューシーにできあがります。

身は箸でほぐれるほど

やわらかく仕上がります

 

 


掲載日 平成22年11月10日 更新日 平成28年11月11日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 自然体験交流センター
住所:
〒321-1111 栃木県鹿沼市板荷6130
電話:
0289-64-8890,0289-64-8760
FAX:
0289-64-8886
Mail:
(メールフォームが開きます)