トップライフイベントごみ・環境> 資源ごみ回収報償金制度

資源ごみ回収報償金制度

資源ごみ回収団体を募集中!

ごみの減量やリサイクルの推進のため、資源物を回収する団体に市から報償金を交付しています。仲間を募って資源物回収活動にぜひ参加してください。

 ごみ分別のイラスト

資源物とは?

代表的な資源物の例

  • 古紙類
    • 新聞紙、雑誌、ダンボールなど
  • ビン類
    • 酒ビン、ビールビンなど
  • 金属類
    • アルミ缶、スチール缶など
※古紙類やビン類などでも回収しないもの(ろう引きダンボールや牛乳ビンなど)もあります。
※詳細は、直接資源ごみ回収業者へお問い合わせください。
  
直接資源ごみ回収業者

回収業者

住所

電話

回収業者

住所

電話

(有)阿久津商店

茂呂160-5

76-4026

鹿沼資源回収事業協同組合

茂呂160-5(代表者の住所)

76-4026

(有)市川商店

御成橋町1-2265

62-3720

(有)なんでもや

池ノ森554-20

75-4514

君島商店

上材木町2323

62-6667

(株)丸当

下石川732-22

72-1561

(株)高橋商店

奈佐原町179-1

75-2215

(株)まるやま

戸張町2311

62-2685

  

回収をしようと思ったら・・・

次のことを決めましょう。

  • だれが
    • 子ども会育成会
    • 自治会分別しましょう!!
    • サークル仲間など
  • いつ
    • 年間の実施予定(4月から翌年3月)
    • 時間
  • どこで
    • 集める地区、場所
  • 何を
    • どんな資源物を集めるか
  • どのようにして
    • 役割の分担
    • 協力者や回収業者へお願い

 

実施の手順

  1. 実施する団体を決めます。
  2. 回収業者と打ち合わせをします。分別のイメージ図
  3. 資源ごみ回収団体届出書(様式第1号)をクリーンセンターに提出します。
  4. メンバーに周知して、回収を実施します。
  5. 回収業者から売却実績報告書(様式第2号)を受け取ります。
  6. 売却実績報告書をクリーンセンターへ提出します。
     
詳しくは下記から「平成29年度資源ごみ回収実施手順」をご確認ください。
 

報償金とは?

平成29年度報償金額の算定方法

  • 報償金額=報償金単価(4円)×回収重量(kg)
    【例】 1回の回収で、合計3,300kgの資源ごみを集めた場合。
    【例】 4円×3,300kg=13,200円
  • 届出等に必要な書類は、下記をクリック

PDF平成29年度資源ごみ回収団体実施手順(PDF 204 KB)
PDF平成29年度資源ごみ回収団体届出書及び委任状様式(PDF 226 KB)
PDF平成29年度資源ごみ回収団体届出書及び委任状(記入例)(PDF 348 KB)

 


掲載日 平成26年3月25日 更新日 平成29年5月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
環境部 廃棄物対策課 廃棄物対策係
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町695-7(環境クリーンセンター)
電話:
0289-65-1069,0289-64-3241
FAX:
0289-65-5766
Mail:
(メールフォームが開きます)