このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

市長メッセージ【7月28日】

新型コロナウイルス感染症については、全国で感染者数が増加し、栃木県内においては、ここ1か月間で100人の感染者、5つのクラスターが発生しております。鹿沼市内においては、これまでに9人の感染者が確認されております。
栃木県では、このような感染拡大状況を踏まえ、警戒レベルを3段階のうち中間の『感染拡大注意』に引き上げました。
市民の皆様には、改めて「3つの密の回避」「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指消毒」をはじめとした基本的な感染予防対策の徹底と、感染防止対策が十分でない場所への外出や、風邪症状等がある場合の旅行や外出を控えるよう、強くお願いいたします。
また、飲食店など商業者の皆さんや事業所の皆さんには、これまでも、休業せざるを得ないなどの苦しい状況の中で様々な対策にあたっていただいていると思いますが、さらに、感染防止対策の徹底をお願いいたします。市としても、事業者のみなさんの対策の一助となるよう、「飛沫防止のための衝立設置支援」などを行うことにいたしました。
今、私たちの暮らしの中で、様々な行動の自粛や制約・制限が求められています。身勝手な行動でコロナを拡散させてしまうことは言うに及ばず、今まで日常的に当たり前のこととして行っていた活動さえも、控えなければなりません。
最も大切なことは、感染予防対策のルールをしっかり守り、お互いに思いやりの心をもって、日常生活や経済活動を行うということであります。そうした1人ひとりの行動こそが、当たり前の日常を1日でも早く取り戻すことにつながります。
もう一つ大切なことは、不幸にして感染してしまった人への偏見や差別は絶対にあってはいけないということです。そして、困難な状況のもとで使命感をもって頑張っていただいている医療関係者の皆さんのご苦労に対しては、感謝の気持ちを込めて激励していただきたいと思います。
さらに、子どもたちは、今、夏休みが短縮されて学校に通っていますが、勉強の遅れを心配し、部活動などが制限されて得意の分野で活躍できないことへのストレスを抱えており、そうした子どもたち、そして、家族や教育関係者の皆さんのご苦労にも地域全体で温かく見守っていただきたいと思います。
これからも、コロナウイルスとは共生していかなければなりません。感染防止対策のルールを含め、いわゆる「新しい生活様式」の実践は、今までの私たちの行動や考え方を見直すチャンスでもあります。イベントなどの中止はまことに残念ですが、今後の事業のやり方を考え直し、変えるための時間と捉えることもできます。
また、行動が制限される中で、地元ふるさと鹿沼を見直すチャンスでもあります。市民の皆さんには、お互いにルールを守り思いやりをもって、地元のお店や施設で買い物やレジャーを楽しんでいただきたいと思います。
市としては、市民の皆さんへの情報提供、特に大きな影響を受けている皆さんへの支援、新しい生活様式のウィズコロナの時代への対応など、引き続き真剣に取り組んでまいりたいと考えております。

 
市長顔写真
令和2年7月28日
鹿沼市長 佐藤 信
 



 

 

掲載日 令和2年7月28日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 鹿沼営業戦略課 広報広聴係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2128
FAX:
0289-63-2292
Mail:
(メールフォームが開きます)