このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き上下水道下水道> 下水汚泥等の放射性物質の調査結果について

下水汚泥等の放射性物質の調査結果について

調査目的 

平成23年5月1日に福島県が下水汚泥の放射性物質濃度を公表し、鹿沼市においても下水処理施設における放射性物質濃度の状況を把握する必要があるため調査しました。

調査結果 

鹿沼市が管理する下水処理施設等のうち、脱水汚泥等を出している処理場からの放射性物質濃度の調査結果は次のとおりです。 

調査結果(令和2年度)
施設名 試料 採取日 放射性セシウム(Bq/kg)
黒川終末処理場 脱水汚泥 6月23日(火曜日) 検出せず(検出せず)
粟野水処理センター 脱水汚泥
脱水機停止中(脱水機停止中)
下南摩地区処理施設 脱水汚泥 6月23日(火曜日) 検出せず(検出せず)
北半田水処理センター 脱水汚泥 6月23日(火曜日) 18(脱水機停止中)
酒野谷地区処理施設 脱水汚泥 脱水機停止中(脱水機停止中)
菊沢西地区処理施設 脱水汚泥 6月23日(火曜日) 検出せず(検出せず)
※放射性セシウム=Cs・134、Cs・137の合計
※()内は前回3月に採取。

栃木県/下水道資源化工場及び流域下水道浄化センターの調査結果

栃木県が管理する下水道資源化工場及び流域下水道浄化センターの調査結果は下記アドレスをご参照ください。

栃木県/下水汚泥等の放射性物質の調査結果                         

栃木県/下水道施設の敷地境界での空間放射線量率の測定結果

下水汚泥については、焼却・溶融処理により減容・減量化し参加下水処理場敷地内で一時保管しています。
保管場所の敷地境界における空間放射線量率は、下記アドレスをご参照ください。
栃木県/下水道施設の敷地境界での空間放射線量率の測定結果

 

測定結果は、保管前と同レベルであり、保管による影響は見られません。

下水道に係る放射性物質の測定及び公表頻度の変更について

平成23年3月に発生した福島第一原子力発電所事故に伴い、下水道処理施設等から排出される脱水汚泥中の放射性物質濃度を毎月測定し公表してきましたが、事故後9年が経過し、放射能の影響が小さくなってきていることから、令和2年4月より測定および公表頻度を年2回(6月・12月に予定)に変更いたします。


掲載日 平成23年6月1日 更新日 令和2年7月1日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
環境部 下水道施設課 施設維持係
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町673-1(下水道事務所)
電話:
0289-65-3687
FAX:
0289-63-0194
Mail:
(メールフォームが開きます)