このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き上下水道下水道> 汚水と雨水は別々の管に流しましょう

汚水と雨水は別々の管に流しましょう

はじめに

鹿沼市の下水道は、「汚水・生活雑排水」と「雨水」を別々に処理する、分流式(ぶんりゅうしき)と呼ばれる方式です。
もし、汚水管に雨水を流されてしまうと、下水処理場に過大な水量の下水が流されてしまうため、処理機能に異常をきたしてしまいます。
汚水管に雨水を流すことは絶対にやめてください。

雨水を汚水管に流すとこのようなことになります

  • 各家庭のトイレや流しが流れにくくなったり、逆流したりしてしまう。
  • 宅地内の汚水ますや道路上のマンホールから汚水があふれ、地面が汚染されたり事故が発生したりする危険がある。
  • 終末処理場で下水を処理しきれず、川の水質を悪化させてしまう。

下水管接続の正しい例、間違った例

下水管接続の正しい例、間違った例を図で表しました。
クリックすると拡大します。
png正しい例(png 249 KB)
png間違った例(png 250 KB)
  1. 汚水ますのひびから、雨水が侵入してしまっている。
  2. 屋外手洗い場の排水溝から、雨水が侵入してしまっている。
  3. 雨どいが汚水管に誤って接続されてしまっている。

ご家庭で確認できること

  • 敷地内の汚水ますに破損がないか確認する。
汚水ますのふたが壊れていると、雨水や砂、砂利が入り込み、下水管を詰まらせてしまいます。
  • 屋外にある流しの状況を確認する。
手洗い場など、屋外に下水管を接続する場合は、屋根を設置するかゴム栓を取り付けるなどして、雨水が入らないようにしてください。
  • 雨どいなどの接続先を確認する。
下水管に誤って接続されているのでは?と不安に感じた場合は下水道事務所にお問い合わせください。

雨水が下水管に流されていたら

公共ます(道路から1メートル以内にある、鹿沼市のマークがついているます)に問題がある場合は、下水道事務所にお問い合わせください。
宅内のますや配管に問題がある場合は、鹿沼市指定工事店に問い合わせて、早急に改修工事をお願いしてください。

掲載日 令和2年9月10日 更新日 令和2年10月14日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
環境部 下水道施設課
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町673-1(下水道事務所)
電話:
0289-65-3607
FAX:
0289-63-0194
Mail:
(メールフォームが開きます)