このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ福祉・健康健康予防接種> ロタウイルスワクチン予防接種

ロタウイルスワクチン予防接種

ロタウイルスのワクチンが令和2年10月1日から定期接種となります

令和2年10月1日からロタウイルスのワクチンが定期接種となります。
法定接種のため無料で接種が受けられます(令和2年8月1日以降生まれのお子さん)

対象

令和2年8月1日以降生まれの鹿沼市に住民票のあるお子さん
※10月1日以降の接種が対象です。8月1日以降生まれのお子さんが9月下旬に接種した場合は法定接種とならず、有料での接種となります。
※7月31日以前生まれのお子さんについては10月以降も法定の定期接種の対象とはならず、有料での接種となります。

ロタウイルスとは

ロタウイルスとは、感染性の胃腸炎の原因となるウイルスの一つで、乳幼児期にかかりやすい病気です。代表的な症状は、嘔吐・下痢・発熱などで、脱水症状を引き起こすこともあります。冬から春にかけて流行し、5歳までにほとんどの子どもが感染するといわれています。

ワクチンの種類

ロタウイルスワクチンには、ロタリックスとロタテックの2種類があります。どちらのワクチンにも同様のロタウイルス感染症の予防効果があります。
ロタウイルスのワクチンは、口から飲ませる生ワクチンです。(経口接種)
【ワクチンの種類と接種回数】
ワクチンの種類 対象年齢 接種回数
ロタリックス
(1価ワクチン)
生後6週0日~
24週0日
27日以上の
間隔をおいて2回
ロタテック
(5価ワクチン)
生後6週0日~
32週0日
27日以上の
間隔をおいて3回

※初回の接種は生後146日までの接種が推奨されています

※1回目と同じワクチンで接種を完了してください。

接種するときの注意点

●接種直前(30分以内)は授乳を控えましょう
●接種後30分は安静にしてください
●接種前後はできるだけ興奮させないでください
●健康状態や体調の変化に注意してください
●ワクチン接種後2週間ほどは赤ちゃんの便の中にワクチンのウイルスが含まれることがあります。おむつ交換後などにていねいに手を洗ってください。

副反応について

主な副反応は、下痢、嘔吐、胃腸炎、発熱などで、まれにおこる重大な副反応として、アナフィラキシーがあります。また、接種後1~2週間は、腸重積のリスクが高まる可能性があります。

腸重積症とは

腸重積症とは腸の一部が隣接する腸管に入り子も、腸が閉塞した状態になる緊急性の高い病気で速やかな治療が必要です。
ワクチンの接種にかかわらず、生後3か月~2歳くらいまでの赤ちゃんがかかりやすい病気です。
接種後1~2週間の間に下記の症状があらわれた場合は速やかに医師の診察を受けてください。
【接種後特に注意したい症状】
●嘔吐を繰り返す
●泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
●血便が出る
●ぐったりして元気がない

市内の実施医療機関

医療機関一覧
医療機関名 電話番号
あきば内科循環器科クリニック 0289-60-7810
石川医院 0289-76-3145
いとうこどもクリニック 0289-63-5566
大野医院 0289-65-3661
大谷クリニック 0289-62-2549
小川こどもクリニック 0289-74-5421
上都賀総合病院 0289-64-2161
竹村内科腎クリニック 0289-60-7577
布川小児科 0289-64-2472
ぶんかばしファミリークリニック 0289-60-5515
西方病院(栃木市) 0282-92-2323
ロタウイルス定期化についてのチラシはpdfこちら

掲載日 令和2年9月25日 更新日 令和2年9月30日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課 健康増進係 12番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-8311
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)