このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ福祉・健康健康話題の病気や感染症> 新型コロナウイルスに関連した感染症について

新型コロナウイルスに関連した感染症について

新型コロナウイルスに関連した感染症について

中華人民共和国湖北省武漢市において、新型コロナウイルスに関連した感染症の発生が報告され、国内でも患者の発生が複数報告されています。
現在、厚生労働省が必要な情報の収集・公表を行っています。
新型コロナウイルスに関する情報は厚生労働省のホームページをご覧ください(外部サイトへリンク)※別ウインドウで開きます
 

新型コロナウイルスについて

コロナウイルスとは

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。そのうち、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の1015%(流行期は35%)を占めます。

感染力について

新型コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内ではヒトからヒトへの感染は認められるものの、ヒトからヒトへの感染の程度は明らかではありません。
潜伏期間は現在のところ不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、最大14日程度と考えられています。

予防法について

過剰に心配することなく、風邪やインフルエンザと同様に、まずは一般的な衛生対策として咳エチケットや手洗いなどを行うことが重要です。
マスクの効果について
マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。
※現在、使い捨てマスクが不足しています。口元を清潔な布やガーゼで覆うことで一定の効果が見込まれますので、代用品を自作することなどもご検討ください。

また一方で、予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着⽤することによる効果はあまり認められていません。
咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)※別ウインドウで開きます
 

新型コロナウイルスに関連した感染症に関する相談窓口について

 発症から14日以内に中華人民共和国湖北省および浙江省を訪問した方、もしくは中華人民共和国湖北省及び浙江省への滞在歴があり咳や発熱等の症状のある方と接触した方などで、37.5℃以上の発熱と咳などの呼吸器症状のある場合は、お住まい又は施設等を管轄する広域健康福祉センター及び保健所等へ御相談ください。
連絡先等はこちらからご確認ください(栃木県)※別ウインドウで開きます


pdf新型コロナウイルス感染症を予防しましょう!(pdf 802 KB)

 





 

掲載日 令和2年2月7日 更新日 令和2年2月14日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館1階)
電話:
0289-63-8311
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)