このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ福祉・健康健康話題の病気や感染症> 今後のイベントや会議等の開催の判断基準について(新型コロナウイルス関連)

今後のイベントや会議等の開催の判断基準について(新型コロナウイルス関連)

鹿沼市が主催する今後のイベントや会議等開催の判断基準

国や栃木県の基本方針等で示されたイベント開催制限の段階的緩和の内容を踏まえ、鹿沼市が主催するイベントや会議等の考え方について、概ね3週間ごとのステップ(1)~(3)の期間に分け、下記の対応することとします。

市民の皆様や市の関係団体、民間事業者等が主催するイベント等についても、同様の対応をお願いします。

1.前提条件

「新しい生活様式」や「業種別ガイドライン」に基づく適切な感染症防止策が講じられること

業種別ガイドラインについてはこちらからご確認ください。(内閣官房)※別ウインドウで開きます

2.基本的な考え方

期間ごとのイベント参集人数の上限
期間 屋内・外 収容率等 規模(人数上限)
ステップ(1)
6月18日まで
屋内 50%以内 100人
屋外 人と人との距離を十分に確保(2mを目安) 200人
ステップ(2)
6月19日~7月9日
屋内 50%以内 1,000人
屋外 人と人との距離を十分に確保(2mを目安) 2,000人
ステップ(3)
7月10日から7月31日
屋内 50%以内 5,000人
屋外 人と人との距離を十分に確保(2mを目安) 5,000人
移行期間終了後
8月1日以降
※感染状況により判断
屋内 50%以内 上限なし
屋外 人と人との距離を十分に確保(2mを目安) 上限なし
なお、収容率等と規模(人数上限)は、両方の条件を満たす必要がある(どちらか小さいほうの人数を上限とする)。

太字が現在の基準です。

3.開催時の感染リスクへの対応について

  • 手洗いの徹底を呼びかける。
  • 会場の入り口等に手指の消毒設備を設置する。
  • マスク着用依頼の周知や、未所持の方への配布等を行う。
  • 咳エチケットの励行を呼びかける。
  • 来場者への呼びかけ、体温計による発熱者の特定などを行い、軽度であっても発熱や咳・咽頭痛などの症状がある方の入場を制限する。(事前に周知)。
  • 2週間以内に国外(感染流行国)や国内の集団感染施設等に旅行・出張した方は、参加を控えてもらうよう事前に周知する。
  • 会場及び待合場所等における3つの密(密閉・密集・密接)を徹底して回避する。
  • 人との人と間隔を2mを目安に(最低1m)確保する。特に高齢者や基礎疾患がある方に配慮する。
  • 大声での発声、歌唱や声援、又は近接した距離での会話等がされないよう留意する。
  • 感染が発生した場合に備え、入場者・係員等の名簿を作成し、連絡先を適正に管理する。
  • イベント等の前後や休憩時間などの交流等を極力控えるよう呼びかける。
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を周知する。
  • 上記のほか、開催場所に応じた必要な感染症防止対策を講じる。
 

この基準は、患者発生状況や国・県の動向等を踏まえ適宜見直しを行います
 

予定されていたイベントの中止や延期については、こちらでお知らせしています。


掲載日 令和2年6月23日 更新日 令和2年6月24日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館1階)
電話:
0289-63-8311
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)