このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全災害情報被災された方へ> 家屋被害への支援について

家屋被害への支援について

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。

被災者支援の拡充について

11月27日より、以下の通り、一部支援制度が拡充されました。

災害見舞金

被災の程度が一部損壊(準半壊)以上の方で、住宅応急修理(災害救助法)や被災者再建支援金(被災者再建支援法)の給付を利用した方について、これまで災害見舞金制度の適用から除外していましたが、支給対象者として拡充しました。

水道料金の減免

  • 対象者…床下浸水の建物も対象とし、住居だけでなく、事業所や店舗にも拡大しました。
  • 減免額…基本料金を超える分の水道料金に変更しました。
  • 減免手続き…手続きは不要となりました。り災台帳等をもとに該当者を抽出します。

下水道使用料の減免

  • 対象者…床下浸水の建物も対象とし、住居だけでなく、事業所や店舗にも拡大しました。
  • 減免額…基本料金を超える分の下水道料金に変更しました。
  • 減免手続き…手続きは不要となりました。り災台帳等をもとに該当者を抽出します。

  •  

被害認定調査について

床上浸水の方(すでに「り災証明書」を受けた方も含む)を対象に、「被害の程度(全壊、半壊等)」を判定するため、市職員が順次訪問し、国の指針に基づき被害認定調査を実施しております。
すでに「り災証明書」を取得された方は、床上・床下の区分のみで「り災証明書」を発行しておりますが、被害認定調査を行いながら、被害の程度を含んだ「り災証明書」の再発行手続きをさせていただきます。
後日、証明書発行の準備が整いましたら、各戸に送付させていただく予定です。

り災証明とは災害により被災した住家の「被害の程度」を証明するものです。
この証明書は、様々な被災者支援制度などを受ける際に必要となります。
り災証明書の発行については、こちらをご覧ください。

家屋被害への支援について

再発行された「り災証明書」の被害の程度に基づき、pdfこちら(pdf 179 KB)の支援制度を受けることができます。
各制度の詳細については、制度名をクリックしてください。
なお、保育料の減免については、直接担当課へお問い合わせください。

掲載日 令和元年10月30日 更新日 令和元年12月11日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 危機管理課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2158
FAX:
0289-63-2143
Mail:
(メールフォームが開きます)