このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全防犯・交通安全交通安全> 自転車事故が急増しています

自転車事故が急増しています

自転車事故にご注意を・・・

8月に栃木県内で発生した自転車事故は119件に上り、月別では過去5年間で最多となりました。

鹿沼市内における自転車事故は、8月8件、9月13件発生しており、なかには重傷を負う事故もありました。

自転車を運転する際は、下記の自転車安全5則を心がけましょう。

自転車安全5則

1   自転車は車道が原則、歩道が例外

      自転車は、道路交通法上、軽車両と位置づけられています。
   軽“車両”ですので、歩道と車道の区別があるところは、車道通行が原則です。

   ただし、以下の場合は歩道を通行することができます。
      ・歩道に「普通自転車歩道通行可」の標識等があるとき
      ・13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、身体が不自由な人が自転車を運転するとき

2   車道は左側を通行

      自転車が車道を通行するときは、自動車と同じ左側通行です。    

3   歩道は歩行者優先で車道寄りを徐行

      自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りを徐行しなければなりません。
      歩行者の通行を妨げるような場合は、一時停止しなければなりません。

4   安全ルールを守る

      ・飲酒運転の禁止
      ・二人乗りの禁止
      ・並進の禁止
      ・夜間はライトを点灯
      ・交差点での信号厳守と一時停止、安全確認

5   子どもはヘルメット着用

       自転車を運転する児童の保護者は、児童にヘルメットを着用させるよう努めましょう。
       また、幼児を幼児用シートに乗せるときも、幼児用ヘルメットを着用しましょう。
 

掲載日 令和2年10月14日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 生活課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 2階)
電話:
0289-63-2122
FAX:
0289-60-1001
Mail:
(メールフォームが開きます)