このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント観光鹿沼市の観光> 「静謐の画家 清宮質文 すみわたる詩情の世界」展

「静謐の画家 清宮質文 すみわたる詩情の世界」展

概要

20190910140459-0001

川上澄生美術館では、10月5日(土曜日)~11月24日(日曜日)まで、特別展示「静謐の画家清宮質文澄み渡る詩情の世界」展を開催します!

清宮質文(せいみや なおぶみ、1917-1991)は、大正・昭和期に活躍した画家/版画家です。東京美術学校で油絵を学んだ後、30代から木版画の制作に取り組みました。
 
版画はもともと複製の技術であることから、複数性を持つことを特徴とします。しかしながら清宮は、同じ版木を用いながらも異なる摺りを行ったり、あるいはひとつの版につき数枚しか摺らなかったりするなど、版画の持つ、絵筆では表せない美しさ・面白さを追求し、制作を行いました。

栃木県内初の清宮質文展である本展は、詩情にあふれた清宮の作品を紹介するとともに、木版画が有する可能性を広く発信するものです。

透き通るような世界を持つ珠玉の作品の数々を、ぜひお楽しみください。

注目のポイント
  • 栃木県初の「清宮質文展」!
  • 透明感あふれる木版画!
  • 凹版のシャープな線に注目!※凹版……彫刻刀で掘った溝に絵の具を詰めて摺る、ふつうの木版画では珍しい技法。
 

とき

2019年10月5日(土曜日)~11月24日(日曜日)
午前9時から午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

休館日

月曜日(ただし10月14日、11月4日は開館)、10月15日(火曜日)、10月23日(水曜日)、11月5日(火曜日)

入館料

一般300(200)円、高校・大学生200(100)円、小・中学生100(50)円
()内は20名以上の団体料金
  • 毎週土曜日は小中学生入場無料。
  • 第3日曜日は家庭の日のため中学生以下のお子様連れのご家族は無料。
  • 障がい者手帳の交付を受けている方とその介助者1名は無料。
  • 10月12日、13日は「鹿沼秋まつり」のため11月3日は「文化の日」のため無料

関連イベント

展覧会をいっそう楽しむためのイベントを開催いたします。
どなたさまもお気軽にご参加ください。
イベント

館長による作品鑑賞会

とき

10月5日(土曜日) 午後2時~2時30分

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

申し込み

不要
※企画展チケットが必要です。

ハライソ・バル

美術館の周りがお祭り会場に!食べたり飲んだりできる屋台が並びます

とき

10月19日(土曜日) 午前9時~午後4時

ところ

美術館周辺

スペシャル・ギャラリートーク

展示室にゲストをお招きして、清宮作品の魅力に迫ります!

とき

10月26日(土曜日) 午後2時~2時30分

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

講師

当日にご紹介いたします!

申し込み

不要
※企画展チケットが必要です。

ギャラリー・コンサート

ギャラリー・コンサート
無伴奏ヴァイオリンによる悲しみの調べ~清宮質文の世界によせて~

展示室がコンサート会場に!絵に囲まれた空間で音楽をお楽しみいただけます。

とき

10月27日(日曜日) 午後6時~7時

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

出演

高橋幸江氏(ヴァイオリン奏者)
※高橋氏の公式ホームページはこちら
 

申し込み

10月5日(土曜日)午前9時より電話でお申込み。
※定員60名、1回の申し込みにつき2名様まで

料金

無料(ただし、企画展チケットが必要です)

お問い合わせ・申し込み

鹿沼市立川上澄生美術館
Tel. 0289-62-8272

 

担当学芸員によるギャラリー・トーク

鑑賞のポイントや、作品にまつわるエピソードなど、展覧会を満喫するためのコツを学芸員が解説いたします! 

とき

11月9日(土曜日) 午後2時~2時30分

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

申し込み

事前申し込み不要。
※企画展チケットが必要です。

美術館ホームページ(外部リンク)

川上澄生美術館の情報はこちらでもご覧いただけます。
 

掲載日 令和元年9月17日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 川上澄生美術館
住所:
〒322-0031 栃木県鹿沼市睦町287-14
電話:
0289-62-8272
FAX:
0289-62-8227
Mail:
(メールフォームが開きます)