このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光観光施設> 紙の宝石! 「書物を彩る蔵書票」展 開催

紙の宝石! 「書物を彩る蔵書票」展 開催

概要

無題

川上澄生美術館では、2022年4月9日(土曜日)から9月4日(日曜日)まで、開館30周年・川上澄生没後50年記念「書物を彩る蔵書票」展を開催します!
 

蔵書票(ぞうしょひょう、エクスリブリス)は、本の持ち主を示すために本の見返し(表紙の裏)部分に貼り付けする小さな紙です。
15世紀ヨーロッパ発祥したとされ、日本では20世紀から現代にかけて、多くの芸術家が主に版画で蔵書票を制作しました。

本展は、日本書票協会所蔵の約300点の蔵書票を中心に、川上澄生をはじめとする近代作家が制作した蔵書票を紹介するものです。

「紙の宝石」とも称される、蔵書票の美しい世界を、ぜひこの機会にお楽しみください。



 

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、入館制限等を設ける場合がございます。最新情報はこちらでご確認ください。

とき

2022年4月9日(土曜日)~9月4日(日曜日)
午前9時から午後5時(最終入館は午後4時30分まで)
※前期・後期で一部の作品の展示替えを行います。

前期

2022年4月9日(土曜日)~6月26日(日曜日)

後期

2022年6月29日(水曜日)~9月4日(日曜日)

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

休館日

月曜日(7月18日は開館)、5月6日(金曜日)、6月28日(火曜日)、7月19日(火曜日)、8月12日(金曜日)

入館料

一般300(200)円、高校・大学生200(100)円、小・中学生100(50)円
( )内は20名以上の団体料金

  • 毎週土曜日は小中学生入場無料。
  • 第3日曜日は家庭の日のため、鹿沼市内の中学生の子供と、同伴のご家族は無料。
  • 障がい者手帳の交付を受けている方とその介助者1名は無料。
  • 6月12日(日曜日)は「県民の日」関連事業のため無料
  • 9月1日(木曜日)は「洋燈忌」(川上澄生の命日)のため無料

関連イベント

展覧会をいっそう楽しむためのイベントを開催いたします。
どなたさまもお気軽にご参加ください。

学芸員によるギャラリー・トーク

とき

6月11日(土曜日)、7月9日(土曜日)
各回午後2時~2時30分

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

申し込み

不要
※ただし、当日の企画展チケットが必要です。

蔵書票を刷ってみよう

とき

5月15日(日曜日)、6月19日(日曜日)、7月17日(日曜日)、8月21日(日曜日)
所要時間5分程度)

ところ

川上澄生美術館 1階受付前

申し込み

参加ご希望の方は、当日1階受付でお申し付けください。

特別協力

日本書票協会(http://www.exljapan.sakura.ne.jp/

美術館ホームページ(外部リンク)

川上澄生美術館の情報はこちらでもご覧いただけます。
 


掲載日 令和4年3月24日 更新日 令和4年5月2日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 川上澄生美術館
住所:
〒322-0031 栃木県鹿沼市睦町287-14
電話:
0289-62-8272
FAX:
0289-62-8227
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています