このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報行財政公共施設活用> 旧西大芦小学校の利活用に向けた協定を締結しました

旧西大芦小学校の利活用に向けた協定を締結しました

今年3月末に閉校となった旧西大芦小学校について、今年度実施したサウンディング型市場調査の参加事業者より利活用に関する提案がありました。
この提案について、鹿沼市公共施設等民間提案制度に基づき、民間提案評価委員会を開催の上、採用することを決定し、提案事業者である株式会社JMを優先交渉権者とする旨の協定を締結しました。
今後、協定に基づき、事業化に向け、地域も含めた具体的な協議を行っていきます。

旧西大芦小学校の利活用に向けた民間提案に関する協定

締結日

平成30年12月10日(月曜日)

協定先

株式会社JM(東京都千代田区二番町3番地麹町スクエア5階)

協定概要

  • 旧西大芦小学校の利活用に関して株式会社JMを優先交渉権者とする
  • 期限を定め、市、事業者、地域が事業化に向けた課題解決や条件整理のための具体的な協議を行う
  • 協議の結果、関係者の合意が得られなかった場合、協定は解消となる

提案概要

pdf旧西大芦小学校 利活用提案概要(pdf 1.72 MB)

その他

  • 本協定は、株式会社JMと優先的に協議を行うことを取り決めるものであり、提案どおりの事業化を行うものではありません
  • 事業化の可否や具体的な事業内容は、協定に基づく協議によって決定します

 

掲載日 平成30年12月17日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
財務部 公共施設活用課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2152
FAX:
0289-63-2224
Mail:
(メールフォームが開きます)