このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップかぬまでちょうどいい暮らし生活情報> 【参加無料】地方創生セミナー「消滅可能性都市」の衝撃から4年

「消滅可能性都市」の衝撃から4年。

私たちは次の世代に、子どもたちに何を残せるか?

「移住ランキング日本一」の山梨県に学ぶ地域再生

 

【参加者募集中】市制70周年記念地方創生セミナー

「移住相談の現場からこれからの地方移住を考える」


チラシのダウンロードはpdfこちら(pdf 484 KB)
 

講師

倉田貴根氏
【講師プロフィール】
やまなし暮らし支援センター 移住専門相談員
やまなし暮らし支援センターFacebook
山梨県敷島町(現甲斐市)出身
国内大手航空会社でCAの職に就いた後、講師職を経て、2013年から現職。
年2,000件もの移住相談を受ける。
全国で自治体向けに人口対策、移住・定住研修講師を行うほか、企業・団体向け講演会やシンポジウム等のパネラー実績多数。



 

期日・場所

■平成31年28日(金曜日)13時15分~15時
■鹿沼商工会議所アザレアホール(鹿沼市睦町287-16)定員250人

 

 

 

テーマ

「移住相談の現場から これからの地方移住を考える」
■山梨県の移住事例や地域の受け皿づくりなど
■その他、人口問題や移住だけでなく空き家、自治会、学校、子育て、農業、産業、観光、生涯学習、地域づくりなど多岐に渡ります

このイベントの目的

近年、鹿沼市は特に若年層の移住希望者も着実に増え、移住先として注目され始めています。
一方、移住・定住のためには仕事や不動産、子育て環境、地域の受け入れ態勢など庁内連携はもとより、企業や自治会、各種団体を含めた市全体の理解と協力が必要不可欠です。
そこで、市全体で移住対策に取り組むために、このまま人口減少が進むとどうなるのか?移住相談の現場では何が起こっているのか?など、移住先進地に学ぶことで鹿沼市全体の移住・定住促進に向けた受入体制の底上げ・強化を図っていきます。
特に山梨県は恵まれた自然環境や内陸県であること、東京圏との近接性など、本県と立地環境が似ているなかで、いかにして移住希望地域ランキングの上位(常に3位以内)に食い込むまでになったのか。
実際の移住・定住のポイントとなる受入体制構築の重要性や、移住のポイントなどについてご講演いただきます。

参考:鹿沼市の移住相談窓口
 

申し込み方法

1月25日(金曜日)までにメール、ファクス、電話のいずれかで下記までお申し込みください。
申込み代表者の方の氏名、参加人数、御連絡先お知らせください。

参考:申込書docxワード(docx 18 KB)pdfPDF(pdf 75 KB)

pdfチラシ(pdf 484 KB)
 

お問い合わせ

鹿沼市雇用・移住・定住促進協議会事務局
鹿沼市 総務部 鹿沼営業戦略課 シティプロモーション係
Tel:0289-63-0154(お!いちご市)/Fax:0289-63-2292
Mail:kanumeigyou@city.kanuma.lg.jp
 
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy

掲載日 平成31年1月18日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 鹿沼営業戦略課 シティプロモーション係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-0154
FAX:
0289-63-2292
Mail:
(メールフォームが開きます)