このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > タイムスリップ!ちょっと昔の南押原(2018.10)

タイムスリップ!ちょっと昔の南押原(2018.10)

タイムスリップ!ちょっと昔の南押原

11月18日(日曜日)から11月25日(日曜日)までの1週間、南押原コミュニティセンターにおいて、鹿沼まるごと博物館モデル地区事業の成果発表として、特別展「ちょっと昔の南押原」を開催します。
鹿沼まるごと博物館は、平成27年度から始まった市域全体を博物館に見立てた取り組みで、市民とともに様々な博物館活動を行うことで、郷土の自然や歴史への理解を深め、地域活性化の推進を図っています。
今回の展示は、南押原地区にお住まいの方々を中心とした有志が3年間かけて作った力作です。昭和30年代の南押原地区の歴史や生活、昔の遊びなどを振り返ります。
会場には、50分の1サイズの判官(はんがん)(づか)古墳(こふん)の模型や、()写真、手に取って遊べる昔のおもちゃを展示します。他にも、永野地区を中心に栽培されている無毒大麻「とちぎしろ」の開発が南押原で行われたことにも注目して、とちぎしろ開発関係資料や麻の生産用具も展示します。

担当課・問い合わせ先

文化課/0289-62-1172


掲載日 平成30年10月22日 更新日 平成30年10月30日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 鹿沼営業戦略課 広報広聴係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2128
FAX:
0289-63-2292
Mail:
(メールフォームが開きます)