このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ文化財お知らせ> 大貫芳一郎 モダン広重の描く昭和風景

大貫芳一郎 モダン広重の描く昭和風景

概要

ポスター

川上澄生美術館では、10月2日(土曜日)~12月26日(日曜日)まで、特別企画展「大貫芳一郎 モダン広重が描く昭和風景」展を開催します!

大貫芳一郎(おおぬき よしいちろう、1908-1945)は、昭和初期に活躍した版画家です。
明治時代末期の加蘇村(現・栃木県鹿沼市)に生まれ、上京して絵を学んだ後に木版画を中心とした作品を制作しました。
1931(昭和6)年の第12回帝国美術院展覧会における木版画《久慈風景》の入選をはじめとして、数々の公募展で高い評価を得ています。とりわけ風景に秀でていたことから、風景を得意とした江戸時代の浮世絵師・歌川広重になぞらえて「モダン広重」とさえ評されました。

しかしながら、1945(昭和20)年に37歳の若さで亡くなった後は、活動期間の短さと現存作品の少なさのため、これまでほとんど注目される機会がありませんでした。

本展は、2020(令和2)年に当館で開催した小企画展に続き、美術館で大貫を本格的に紹介する初の回顧展です。遺族に寄贈を受けた作品・資料の展示を通じて、知られざる天才版画家・大貫芳一郎の画業を紹介します。
 

注目のポイント
  • 「モダン広重」の評判にふさわしい風景版画の数々!
  • 鹿沼(加蘇村上久我)出身の知られざる作家!
  • 印象派を思わせる美しい色彩!


※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、入館制限等を設けている場合がございます。最新情報はこちらでご確認ください。

19ガソリンスタンド
  

とき

2021年10月2日(土曜日)~12月26日(日曜日)
午前9時から午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

休館日

月曜日、11月4日(木曜日)、11月9日(火曜日)、11月24日(火曜日)

入館料

一般300(200)円、高校・大学生200(100)円、小・中学生100(50)円
()内は20名以上の団体料金
  • 毎週土曜日は小中学生入場無料。
  • 第3日曜日は家庭の日のため中学生以下のお子様連れのご家族は無料。
  • 障がい者手帳の交付を受けている方とその介助者1名は無料。
  • 11月3日は「文化の日」のため無料

関連イベント

展覧会をいっそう楽しむためのイベントを開催いたします。
どなたさまもお気軽にご参加ください。
 

館長による作品鑑賞会

とき

10月2日(土曜日) 午後2時~2時30分

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

申し込み

不要
※企画展チケットが必要です。

担当学芸員によるギャラリー・トーク

鑑賞のポイントや、作品にまつわるエピソードなど、展覧会を満喫するためのコツを学芸員が解説いたします! 

とき

11月6日(土曜日) 、12月4日(土曜日)午後2時~2時30分

ところ

川上澄生美術館 2階展示室

申し込み

事前申し込み不要。
※企画展チケットが必要です。

美術館ホームページ(外部リンク)

川上澄生美術館の情報はこちらでもご覧いただけます。
 

掲載日 令和3年8月23日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 川上澄生美術館
住所:
〒322-0031 栃木県鹿沼市睦町287-14
電話:
0289-62-8272
FAX:
0289-62-8227
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています