このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康新型コロナウイルス感染症> PCR検査機器等設備整備事業の補助について

PCR検査機器等設備整備事業の補助について

鹿沼市の新型コロナウイルス感染症の検査体制を強化するために、car_drive_through_pcrPCR検査機器等を設置し新型コロナウイルス感染症の判定を実施する市内の医療機関に対して、その設置(購入)に要した費用の一部を助成します。

pdf鹿沼市PCR検査機器等設備整備事業補助金のご案内
pdf鹿沼市PCR検査機器等設備整備事業補助金交付要綱

鹿沼市PCR検査機器等設備整備事業補助金の概要

補助の対象者

次のすべてに該当する方です。
  • 新型コロナウイルス感染症の診断をするために検体採取及び検査を行う医療機関
  • 市内に事務所または事業所を有する法人 

補助対象事業

 交付の対象となる事業は、次の1から4までに掲げる設備を整備(購入)するものです。
  1. リアルタイムPCR装置(全自動PCR検査装置を含む)medical_kentai_daeki
  2. 等温遺伝子増幅装置
  3. 全自動化学発光酵素免疫測定装置medical_pcr_machine
  4. その他の備品等(上の1から3までの対象設備に付帯するもの)
※検査に使用する試薬や消耗品等は対象外です。
※市内に設置するもののみが対象です。

補助対象期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日までに事業が完了するもの
※この期間に購入(発注又は契約)し、納品された対象設備であること

補助金の額

原則、次の表の対象経費の合計額から寄付金などの収入(※)を控除した額に、補助率2分の1を乗じて得た額です。
ただし、1医療機関当たり150万円を限度とし、1,000円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。
※国、県その他の機関からの補助金は除きます。
補助金の額
区分 対象経費 補助率
  1. リアルタイムPCR装置(全自動PCR検査装置を含む)
  2. 等温遺伝子増幅装置
  3. 全自動化学発光酵素免疫測定装置
対象設備を設置するために必要な備品購入費 補助率
2分の1
  1. その他の備品等
区分1~3の対象設備に付帯し、必要となる備品購入費等

国、県その他の機関からの補助金の交付を受けている場合

対象経費の合計額から国、県その他の機関からの補助金の額を控除した額になります(上限150万円)。

鹿沼市PCR検査機器等設備整備事業補助金の各種手続き

手続きの流れ2 

交付申請書の提出(交付要綱第6条)

申請を希望する方は、次の書類を提出してください。 【注意】:令和4年4月1日以降に発注し、令和5年3月31日までに納品されるものが対象です。

提出期限document_shinseisyo

持参の場合:令和5年3月10日(金曜日)午後5時15分まで
郵送の場合:令和5年3月10日(金曜日)必着
 

実績報告書の提出(事業を完了したとき(交付要綱第10条))

設備整備(購入)後、速やかに、次の書類を提出してください。

提出期限

補助事業が完了した翌日から起算して15日以内

事業の内容を変更するとき(交付要綱第8条)

補助対象設備の品目や数量、金額の変更(金額の増又は20%以上の減)等がある場合は、次の書類を提出してください。

補助金の請求

補助金額の確定通知を受領後、次の請求書を提出してください。

提出期限

補助金の確定通知書を受領した日から15日以内

補助金の交付手続きを委任するとき

次の行為を委任するときは、pdfPCR検査機器等整備事業補助金交付手続委任状pdf記載例)をあらかじめ提出してください。
  • 補助金の交付申請書の作成及び提出
  • 追加資料の提出、市職員からの質問への回答等
  • 交付決定または不交付決定にかかる通知の受領
  • 補助金の請求(補助金の受け取りは委任することができません)
※受任した行為について、偽りその他の不正な行為がされた場合は、受任者の責任となります。

提出場所

medical_influenza_kensa〒322-8601
鹿沼市今宮町1688-1(本庁5階)
保健福祉部健康課健康増進係


 

掲載日 令和4年4月1日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課 健康増進係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(行政棟 5階)
電話:
0289-63-8311
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています