このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > 新型コロナウイルスワクチンの接種について

新型コロナウイルスワクチンの接種について

※新型コロナウイルスワクチン接種の予約受付は5月17日(月曜日)以降に開始します。まだ予約できませんので、医療機関への問い合わせはお控えください。

ワクチン接種の問い合わせ先について

鹿沼市のコールセンターが開設されました。

電話番号:0570-020-212

受付時間:9時00分~17時00分(平日のみ)

【接種券発送時期と予約開始時期予定】
  接種券発送 予約開始
75歳以上 4月20日(火曜日) 5月17日(月曜日)
65-74歳 4月23日(金曜日) 6月1日(火曜日)
64歳以下 ワクチン供給時期により検討中

現在は、ワクチン接種に関する一般的なご相談等に対応しています。
65歳以上の方向けワクチン接種のお知らせはpdfこちら(pdf 1.84 MB)
ワクチンの効果、副反応等についての専門的なご相談は厚生労働省や栃木県のコールセンターにご連絡ください。

<厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター>
電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分~21時00分

<栃木県受診・ワクチン相談センター>
電話番号:0570-052-092

受付時間:9時00分~21時00分(土日、祝日を含む)
※新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご相談は24時間対応

聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ別ウィンドウで開く
外国語対応については、「外国人向けコロナウイルス相談ホットライン」(028-678-8282)へ

ワクチンの接種会場について

原則鹿沼市に住民票がある方は市内の集団接種会場もしくは市内の協力医療機関で接種を受けていただくことになります。
なお、主に次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができます。
1.手続き不要で接種が可能な方
・入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方
・お住まいが住所地と異なる方
2.接種を受ける際に接種を受ける市町村への手続きが必要な方
・お住まいが住所地と異なる方(単身赴任者、里帰出産予定の妊婦、遠隔地居住の学生)

接種会場

1.集団接種の会場
『高齢者・障がい者トレーニングセンター なごみ館』(酒野谷1004-1)を予定しています。
接種の開始日時等が決まり次第お知らせします。
ワクチンの供給量等により他の接種会場での接種についても調整、検討をしています。

2.医療機関での個別接種
市の施設での集団接種での実施方法等については、現在関係団体と検討・調整しています。

新型コロナワクチンの接種について

市では、国から示されているスケジュールを踏まえ、速やかに接種が可能となるよう、接種体制の構築を進めています。  
4月中に高齢者分として、鹿沼市に入ってくるワクチンについては約1500人分で、高齢者全体の5%と限定的です。
この限られた量のワクチンについては、一般予約を開始すると、混乱を起こす可能性があり、市では、感染のリスクが高く、クラスター発生のリスクがあることから、高齢者の施設入所者に対する施設接種から開始いたします。
一般の接種については、5月中旬以降、ワクチンの供給量が増えると、政府が発表しているため、おおむね6月頃開始を目安に準備をすすめています。
最優先の医療従事者接種についても、まだ1回目の接種を待っている医療従事者がいます。
接種の順番がくるまで、お待ちください。
6月~7月頃には、全体の高齢者の分のワクチンが供給を受けられる見通しです。

新型コロナワクチンについての最新情報

詳細については、厚生労働省ホームページ「医薬品医療機器等法に基づく新型コロナウイルスワクチンの特例承認について」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ワクチンの詳細についてはこちら

 ワクチン接種の対象者

原則、鹿沼市に住民票がある16歳以上の方が対象となります。65歳以上の方向けワクチン接種のお知らせはpdfこちら(pdf 1.84 MB)

ワクチンの優先順位について

当面の間、確保できるワクチンの量に限りがあるため、国が示す優先順位に応じて、順次接種を進めていく予定です。

接種の優先順位は、以下のように想定されています。

優先順位

1.医療従事者等(疑い患者を含む新型コロナウイルス感染症患者に直接医療を提供する施設の医療従事者など)

2.高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する方)

3.基礎疾患を有する者(慢性の呼吸器の病気・慢性の心臓病(高血圧を含む)などで現在治療中の方)や高齢者施設等の従事者
基礎疾患の範囲についてはpdfこちら(pdf 4 KB)

4.上記以外の者

※ワクチンの供給量などにより、順位は細分化される可能性があります。

接種回数と接種の間隔について

2回の接種が必要です。
ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種券の発送について

現在、国が示している優先順位に応じて、対象者の方に順次、ワクチン接種の接種券を発送する予定です。

なお、高齢者への接種券の発送は4月下旬の予定です。

接種の方法

  • 接種方法については決まり次第お知らせします。
  • ワクチン接種は原則予約制です。予約には、市からお送りする接種券(クーポン券)に記載された予約番号が必要です。集団接種についてはインターネットまたは電話でご予約をいただく予定です。

ワクチンの接種費用はすべて無料です

接種費用は全額公費です。

接種券の送付や接種予約などを受ける際に費用は一切かかりません。

 

※ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!

保健所職員を名乗り、「高齢者は優先的に新型コロナのワクチン接種が受けられる。予約金の振り込みが必要」などと金銭を要求する電話が近隣市で確認されています。

行政機関が、新型コロナウイルスワクチン接種に対して、金銭を要求することはありません。

 

国民生活センターでは、「新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン」を開設し、フリーダイヤル(通話料無料)で、ワクチン詐欺に関する消費者トラブルについて相談を受け付けています。

フリーダイヤル:0120-797-188

相談受付時間:午前10時~午後4時(土曜・日曜・祝日を含む)

国民生活センター   ホームページ(外部リンク)

ワクチンの効果と副反応のリスクについて

国や市ではワクチン接種に関する情報提供を随時していきます。

感染症予防の効果と副反応のリスク等をご理解したうえで、接種を受けてください。

ワクチンの効果

  • ワクチンを接種することにより、新型コロナウイルス感染症の重症化や、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を予防するだけでなく、社会全体で流行することを防ぐことが期待されます。
  • 日本で最初に薬事承認されたファイザー社のワクチンの臨床試験の結果では、95%の発症予防の効果があったとされています。

副反応のリスク

接種を受ける際の同意の取得について

  接種は強制ではありません。新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、しっかりと情報提供を行った上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

(厚生労働省「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」(外部リンク)に記載の、「接種を受ける際の同意の取得」を参考)
 

詳しくは下記の関連リンクをご覧ください


掲載日 令和3年3月25日 更新日 令和3年4月24日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課 新型コロナウイルス感染予防対策室
住所:
〒322-0064 鹿沼市文化橋町1982-18(市民情報センター 5階)
電話:
0289-63-8393
FAX:
0289-63-8310
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています