このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > 麻。鹿沼を支えた産業! 粟野歴史民俗資料館リニューアル(2019.6)

麻。鹿沼を支えた産業! 粟野歴史民俗資料館リニューアル(2019.6)

今月18日(火曜日)から、粟野図書館に併設されている粟野歴史民俗資料館が、「野州(やしゅう)(あさ)」をメインテーマとして生まれ変わりました。
「野州麻」は、江戸時代のはじめごろから鹿沼市域で盛んに生産され、鹿沼の発展を支えた作物のひとつです。
現在では、永野地区で栽培されるのみとなりましたが、今なお全国シェアの90%は鹿沼市産となっています。
なお、リニューアルを記念して、明治時代の鹿沼の麻栽培の様子が活き活きと描かれた「(あさ)栄業図(えいぎょうず)」の現物を現在、期間限定で特別展示しています。
さらに、明日25日(火曜日)から文化活動交流館郷土資料展示室もリニューアルします。
こちらは、縄文時代から鹿沼市の誕生まで、鹿沼の歴史・文化を幅広く学べる展示となるほか、子どもたちに人気の「触れる昔の生活道具コーナー」も拡充します。
両館とも、鹿沼まるごと博物館を構成する施設として、今後も魅力あふれる展示の充実を図ってまいります。
リニューアルを機会に多くの皆さんにご来場いただき、ふるさと鹿沼への愛着を深めていただきたいと思います。

 

担当課・問い合わせ先

文化課/0289-62-1172


掲載日 令和元年6月24日

カテゴリー