このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > お茶の間に歌声を届けます~文化センタープレゼンツ・憩いの広場~(2020.7)

お茶の間に歌声を届けます~文化センタープレゼンツ・憩いの広場~(2020.7)

新型コロナウイルス感染症の拡大により、文化芸術公演の多くが中止・延期になっていますが、「文化センタープレゼンツ~憩いの広場」として、鹿沼ケーブルテレビを通じ、お茶の間の皆さんに音楽や演芸をお届けします。
その第3弾「小川倫生(おがわみちお)アコースティックギター・ミニコンサート」、第4弾「(しろ)(もり)(かおり)の音楽室~みなさんご一緒に!」が、まもなく放映されます。なお、第1弾「オカリナ・ミニコンサート」、第2弾「茶の間で落語」はすでに放映を終了し、現在はYouTubeで配信中です。
鹿沼市ふるさと大使で、世界を舞台に活躍する声楽家の城守さんが、「浜辺(はまべ)の歌」「椰子(やし)の実」「ゴンドラの歌」など、だれもがよく知っている懐かしい曲が中心のプログラムを美しい歌声でお届けします。画面には歌詞の字幕が表示され、城守さんと視聴者が一緒に歌うことができます。
城守さんをはじめ出演いただいた皆さんには、お茶の間に芸術を届けたいという開催の趣旨をご理解いただき、お引き受けいただきましたことにあらためて感謝申し上げます。
また、市民文化センターでは本年度、中止となった市民文化祭の代替事業として、近年の美術展で上位に入賞した作品を展示する特別展を8月から開催します。
新型コロナウイルス感染症の影響で市民生活が制限される日が続きますが、どうぞ文化芸術に触れて憩いの時間をお過ごしください。

担当課・問い合わせ先

文化課/0289-65-6741


掲載日 令和2年7月27日

カテゴリー