トップ観光・イベント文化財有形文化財> 紙本淡彩 達磨図扇面

紙本淡彩 達磨図扇面

紙本淡彩 達磨図扇面

名称 

紙本淡彩 達磨図扇面
(しほんたんさい だるまずせんめん) 

基本情報

小杉放菴

昭和時代(戦前)

縦25.0cm・上弦50.0cm・下弦22.0cm 

指定

栃木県指定有形文化財(絵画)
指定分月日:昭和53年6月2日 

所在地・アクセス

麻苧町 

所有者

個人蔵 

成り立ち・見所

放菴(ほうあん)の作です。達磨大師が法を説けば、貴人、凡人はいうに及ばず、禽獣(きんじゅう)木石もこれに応じたといいます。石に向かって説法している達磨を描いた、洒落(しゃれ)っ気のある図です。画面右上に「対石説法 石悉點頭(ことごとくてんとう)」と記し、情景の意味を明らかにしています。普通の老翁に描かれている達磨の前に集まった石たちは、ぴょんぴょんと跳ねながら次第に達磨に近づいてきています。石の並べ方やその形の相違に面白さが感じられます。  


掲載日 平成22年8月20日 更新日 平成30年12月7日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)