トップ福祉・健康健康市民の健康> 令和2年度の熱中症予防

令和2年度の熱中症予防

令和2年度は、感染症対策と、熱中症予防を両立させることが重要です。

令和2年度は、感染症対策として新しい生活様式が推奨されており、熱中症に対してはよりいっそうの対策が必要です。

夏季にマスクを着用することで、熱中症のリスクが高まるおそれがあります。

屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できるときには、熱中症のリスクを考え適宜マスクを外しましょう。
日傘をさすことで、ソーシャルディスタンスも確保できますので、マスクをはずすときには日傘の使用もおすすめです。

マスクをすることで体温が上昇します

口元がマスクで覆われることで、口元、首元等の体温が上昇します。毎日の検温は、感染症対策としても、熱中症の早期発見にも有用です。
体調不良を感じたら、早めに休憩や、休息をとりましょう。

マスクの着用でのどの渇きが感じにくくなることがあります

口元の湿度が保たれることで、のどの渇きを感じにくくなることがあります。喉が渇いていなくても、水分補給を心がけましょう。

エアコンの設定温度はこまめに調整しましょう

感染症予防のためには、30分に一度程度の窓をあけた換気が必要ですが、冷房中に換気をすることで、室温が高くなります。熱中症予防のために、こまめに温度の設定を調整し、室温が高くなりすぎないようにしましょう。
pdf詳しくは新しい生活様式と熱中症へ(pdf 720 KB)

熱中症の一般的な予防

熱中症は、室内や夜間、安静時でも多く発生しています。また、加齢とともに体の水分量が減少しており、喉の渇きなども自覚がしにくいため特に高齢の方は注意が必要です。しっかりと体調管理を行いましょう。

熱中症の症状

手足がつる、全身がだるい、めまい、吐き気、頭痛、頻脈、ふらつく等

応急処置

(1)水分、塩分の補給
(2)体温を下げる
※熱中症の症状が改善しない時は、早めに医療機関を受診してください。

予防対策

・こまめに水分・塩分補給(スポーツドリンク等常備)
・エアコン・扇風機を上手に使用
・シャワーやタオルで体を冷やす
・暑いときは無理しない
・部屋の温度を測る(28度を目安にする)
詳しくは環境省熱中症予防サイト

掲載日 令和2年6月11日 更新日 令和2年6月12日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館1階)
電話:
0289-63-8311
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)