このページの本文へ移動
トップ >  入札・契約

入札・契約

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。

ベリーちゃん画像契約検査課のページへようこそ!このページでは、鹿沼市が発注する建設工事及び業務委託(測量・建設コンサルタント等)に関する情報、入札参加資格審査申請、入札結果等について情報を発信します。

コンテンツは順次更新します。

※「入札・契約」のページでは、Word・Excel・PDFファイル及び外部ホームページは新しいウィンドウで開きます。

 

最新情報

2022年10月3日
事後審査型条件付き一般競争入札の執行について


今回実施するのは、15件の工事です。(具体的には公告文をご覧ください。)
参加を希望される方は、公告文をよく読んで、指定された日までに電子入札システムで「入札参加申請書」を提出してください。
 

  1. 「事後審査型条件付き一般競争入札」として実施します。
     
  2. 電子入札により行います。
     
  3. 設計図書はダウンロードしてください。
     

入札に参加する前に必ずご覧ください。


公告文及び金抜き設計書は「公告文 令和4年10月25日開札分(令和4年10月3日公告)」のページをご覧ください。

2022年9月22日
最低制限価格等の改定について

国及び県の基準の改定に伴い、次のとおり改定します。

※令和4年10月以降に公告又は指名通知を発送する案件から適用します。

 

pdf改定内容(pdf 524 KB)

pdf鹿沼市最低制限価格制度事務取扱要綱(pdf 138 KB)

pdf鹿沼市最低制限価格制度事務取扱要綱の最低制限価格設定の運用について(pdf 135 KB)

 

 

2022年9月22日
入札条件の変更について

 

令和4年10月以降に公告する案件から、以下のとおり条件を変更します。該当となる案件については、公告及びホームページに掲載する情報をご確認ください。

 

(1)近接工事の条件を廃止します。

これまで現場間の距離が500m以内の同工種の工事で工期が重なっている工事は重複して受注することができませんでしたが、廃止後は受注できるようになります。

 

(2)取り抜け制度の対象を拡大します。

現在は工事のみの適用ですが、測量・建設関係コンサルタント等業務委託についても取り抜け制度の対象となります。

2022年9月1日
令和5・6年度入札参加資格審査申請の定時受付について(建設工事及び測量・建設コンサルタント等)

建設工事及び測量・建設コンサルタント等については、栃木県と県内参加自治体が共同で入札参加資格審査申請を受付ける「共同受付」となります。

詳細はこちらのページをご覧ください。

ページTopへ

2022年3月24日
令和4年度入札日程について

令和4年度の入札日程を掲載します。
日程の詳細は、一般競争入札については、案件毎の入札公告を
指名競争入札については、指名通知をそれぞれご確認ください。
なお、入札日程は予定です。事情により変更になる場合がありますのでご了承ください。

pdf○事後審査型条件付き一般競争入札日程表(pdf 63 KB)
(予定価格130万円以上の建設工事)

pdf○指名競争入札日程表(pdf 60 KB)
(測量・建設コンサルタント業務委託及び一部業務委託)
 

ページTopへ

2022年3月23日
入札制度等の改正について

本市の入札制度等について、令和4年度から下記のとおり制度改正等を行います。
入札の参加にあたっては内容をご確認くださるようお願いいたします。

改正内容

  1. 建設工事における一般競争入札の対象工事の拡大について
  2. 電子入札の対象範囲の拡大について
  3. 入札参加申請書の提出期間の締め切り時間の変更について
  4. 建設工事の前金払いの上限額の撤廃について
  5. 入札における「棄権」の廃止について
  6. 金入り設計書の交付手続きの変更について
  7. 契約関係書類の提出先について


詳しくは、「pdf入札制度等の改正について(pdf 72 KB)」をご確認ください。

ページTopへ

令和4年3月23日
事後審査型条件付き一般競争入札における参加申請受付締め切り時間の変更について

従来より、事後審査型条件付き一般競争入札における入札参加申請の受付締め切り時間は、当日の午後5時としていましたが、令和4年4月7日開札の事後審査型条件付き一般競争入札分からは、受付締め切り時間を当日の正午とします。参加申請をする際にはご注意ください。

 

ページTopへ

2022年3月4日
令和4年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置並びにインフレスライド条項の適用について


令和4年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の引き上げに伴い、技能労働者の適切な賃金水準の確保の観点から、国及び県に準じ、特例措置等を実施することとしましたのでお知らせいたします。

 

 
※インフレスライドの運用及び様式等については、インフレスライド条項の運用についてのページをご覧ください。
 

ページTop  

 

2022年1月27日
建設工事における一括下請負(丸投げ)の禁止(再掲)


 一括下請負(いわゆる丸投げ)は、発注者が建設工事の請負契約を締結するに際して建設業者に寄せた信頼を裏切ることとなること等から、禁止されています。
※詳しくは、PDF「建設工事における一括下請負(丸投げ)の禁止について」(PDF 37 KB)をご覧ください。

2021年12月6日
「鹿沼市優良建設業者表彰審査実施要領」の改定について(令和4年4月1日から適用)


条文の「優良表彰は原則として1業者について1工事とする。」を削除しますので、来年度からは、優良表彰は1業者について複数の工事を対象とすることが可能になります。

鹿沼市優良建設業者表彰について
 

ページTopへ

契約検査課移転のお知らせ

契約検査課は、新庁舎の整備に伴い8月16日(月曜日)から東京電力事務所跡地1階フロアにて業務を開始します。なお、郵便物については従来どおり「〒322-8601鹿沼市今宮町1688-1」にご郵送ください。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。詳細は「pdf契約検査課移転のお知らせ(pdf 427 KB)」をご覧ください。

ページTopへ

 

2017年9月1日
建設工事の配置技術者における実務経験者の取扱いについて

 
建設工事の配置技術者における実務経験者の取扱いについて、

  1. 経営事項審査申請書の技術職員名簿により、実務経験者であることが確認できる者
  2. 営業所専任技術者として当該業種に登録している者
  3. 監理技術者資格者証を有している者

  これまでは、上記3項目のいずれかに該当するもののみ認めてきましたが、建設人材不足対策の一環として実務経験者の要件を下記のとおり緩和いたします。
 

実務経験者の取扱い改正点
改正前 経営事項審査申請書の技術職員名簿により、実務経験者であることが確認できる者
改正後 経営事項審査申請書の技術職員名簿又は実務経験証明書により、実務経験者であることが確認できる者

 


  この改正によって、技術職員名簿に記載のある者だけでなく、実務経験証明書により実務経験が証明されれば、配置技術者として認めることといたします。

  この取扱いについては、平成29年9月1日以降に指名通知又は公告される案件から適用いたします。
  また、実務経験証明書の様式については、「書類のダウンロード→(5)工事請負契約関係」に掲載しております。

 

 

 

2007年12月18日
工事看板の設置基準について

 

  本市発注の建設工事は、栃木県で実施している「土木工事現場における標示施設等の設置基準」に準じて工事看板を設置してください。
  ※詳しくは、PDF工事看板の設置基準について(PDF 258 KB)をご覧ください。

 ページTopへ

 

最近チェックしたページ