このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財彫刻> 木造妙見菩薩立像・木造妙見菩薩倚像

木造妙見菩薩立像・木造妙見菩薩倚像

木造妙見菩薩立像(武将形)木造妙見菩薩倚像(童子形)

名称 

木造妙見菩薩立像(武将形)
(もくぞうみょうけんぼさつりゅうぞう〈ぶしょうぎょう〉)
木造妙見菩薩倚像(童子形)
(もくぞうみょうけんぼさついぞう〈どうじぎょう〉)

基本情報

名称 木造妙見菩薩立像(武将形) 木造妙見菩薩倚像(童子形)
時代 南北朝時代
その他 杉材、寄木造、彫眼、古式塗、
総高63.0cm、像高53.5cm、最大幅38.8cm、左手首欠失、
台座霊亀底面に墨書あり
杉材、寄木造、彫眼、彩色、
総高41.5cm、像高41.5cm、最大幅22.0cm、左腕背面材欠失、
下半身両背面材欠失

指定

鹿沼市指定有形文化財(彫刻)
指定年月日:令和2年4月23日

所在地・アクセス

鹿沼市口粟野3178
北関東自動車道「壬生インター」から約30分・東北自動車道「鹿沼インター」から約30分
東武日光線新鹿沼駅からタクシーで20分・東武日光線楡木駅からタクシーで20分

 

 

所有者

宗教法人妙見寺

成り立ち・見所

木造妙見菩薩立像(武将形)と木造妙見菩薩倚像(童子形)は、北極星を神格化した妙見菩薩像です。2躯とも、甲着した武装形であることや、造形的に見て鎌倉時代のものに比べると形骸化していく像容から、南北朝時代の作と見られます。中世の妙見菩薩像は栃木県内では初見となります。妙見信仰は北極星を崇敬する古代の星神信仰が中国で仏教・道教・儒教・陰陽道などと習合して形成されたものです。星を信仰する星宮関係の社寺が多い地域にあって、妙見信仰の広がりを示すものとしても貴重といえます。
なお、妙見寺には市指定有形文化財「妙見寺半鐘」も所在しています。

BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy
BESbswy

掲載日 令和2年4月21日 更新日 令和2年4月30日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)