このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ産業・仕事農林業農業> 実質化された「人・農地プラン」の公表について

実質化された「人・農地プラン」の公表について

「人・農地プラン」の概要

人・農地プラン」は、農業の後継者不足や耕作放棄地の増加などの地域が抱える「」と「農地」の問題を一体的に解決していくための「未来設計図」です。
農業者が話合いに基づいて地域農業で中心となる担い手や農業の将来の在り方などを明確化し、「人・農地プラン」として作成したものを市町村により公表します。
「人・農地プラン(農林水産省ホームページ)」
 

実質化された「人・農地プラン」

「人・農地プラン」は平成24年に開始されたものの、市町村の中には「地域の話合いに基づく」ものとは言い難いものもありました。
そこで、真に地域の話合いに基づくものにする観点から、アンケート調査等を通して地図による現況把握を行い、話合いに基づいて今後地域で農業を担う人(中心経営体)を定め、農地の集約化に関する将来方針を作成することで、人・農地プランの実質化を図っていきます。
 

「人・農地プラン」作成の手順

(1)アンケートの実施
対象地区の相当部分について、おおむね5年から10年後の農地利用に関するアンケート調査を行います。

(2)現況把握
対象地区において、アンケート調査や話合いを通じて、農業者の年齢階層別の就農や後継者の確保の状況を地図により把握します。

(3)今後地域の中心となる経営体(中心経営体)への農地の集約化に関する将来方針の作成
対象地区を原則として集落ごとに細分化し、5年から10年後に農地利用を担う中心経営体に関する方針を決めます。

※作成された「人・農地プラン」は定期的に見直し、更新していきます。

 

「人・農地プラン」の公表

  農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条第1項に基づき、下記のとおり公表します。
 

「現在の人・農地プランの区域のうち既に実質化していると判断する地区」の公表

『人・農地プランの具体的な進め方について』(令和元年6月26日付け元経営第494号農林水産省経営局長)に基づき、次の地区を現在の人・農地プランの区域のうち既に実質化していると判断し、公表します。
pdf「現在の人・農地プランの区域の全部又は一部の区域であってすでに実質化していると判断する地区」(pdf 193 KB)
 

「人・農地プランの実質化に向けた工程表」の公表

令和2年度末までの市内全域の「人・農地プラン」の実質化に向けた工程表を作成しましたので、次のとおり公表します。
pdf「人・農地プランの実質化に向けた工程表」(pdf 226 KB)
 

掲載日 令和元年10月2日 更新日 令和元年10月11日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
経済部 農政課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 5階)
電話:
0289-63-2191
FAX:
0289-63-2189
Mail:
(メールフォームが開きます)