このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  観光・イベント >  文化財 >  文化財一覧

文化財一覧

文化財一覧
前ページ 1 次ページ
文化財一覧 教育委員会事務局 文化課 文化財係
文化財一覧 No. 種別 指定 名称 年代 所有者 指定年月日 1 有形文化財 建造物 国(登録) ...
仏像作者 教育委員会事務局 文化課 文化財係
円空(えんくう)・1632から1695 円空は寛永(かんえい)9年(1632)、美濃(みの)国竹ヶ鼻(岐阜県羽島市上中町)に生まれました。子どもの頃母を洪水で亡くし、その供養のため仏門に入ったとの伝承があります。その後、近江(おうみ)...
刀剣用語解説 教育委員会事務局 文化課 文化財係
刀剣各部の名称 太刀(たち) 刃の長さ2尺(約60cm)以上で、刃を下に向け、腰に佩(は)く形式のものをいいます。 刀(かたな) 刃の長さ2尺(約60cm)以上で、刃を上に向け、腰帯に差す形式のものをいいます...
刀剣作者 教育委員会事務局 文化課 文化財係
利行(としゆき) 古い刀剣書に「備前長船(びぜんおさふね)住利行、建武(けんむ)頃の人、二代あり良工」と記載されています。 細川良助正義(ほそかわ りょうすけ まさよし)・1758から1814 宝暦(ほうれき)8年(175...
屋台作者 教育委員会事務局 文化課 文化財係
磯辺儀左衛門凡龍斎信秀 (いそべ ぎざえもん ぼんりゅうさい のぶひで) 屋台の彫物は神社建築と同じく、磯辺系の彫物師によっていますが、下材木町と銀座1丁目の一部彫刻は、磯辺系の本家筋である儀左衛門四代信秀によって製作されています。天...
屋台用語解説 教育委員会事務局 文化課 文化財係
屋台各部の名称(やたいかくぶのめいしょう)(久保町屋台) 屋台の種類(やたいのしゅるい) 鹿沼の古くからの屋台は、漆塗・彩色の有無によって4種類に大別されます。 彩色彫刻漆塗(さいしきちょうこくう...
彫刻用語解説 教育委員会事務局 文化課 文化財係
如来(にょらい) 正しく悟りを開いた人の意味で、悟りを開いた後の姿、すなわち当時の出家の姿をあらわす裳(も)と袈裟(けさ)だけの形が通例ですが、大日如来は宝冠(ほうかん)や装身具を身につけた豪華な形をとります。各如来は手の印相(いんそ...
絵画作者 教育委員会事務局 文化課 文化財係
高久靄厓(たかく あいがい)・1796から1843 寛政(かんせい)8年(1796)、那須郡杉渡戸(すぎわたど)の生まれ、名を徴(ちょう)、字(あざな)は子遠(しえん)、通称秋輔(しゅうすけ)と称しました。幼少より絵を好み、馬方あるい...
絵画用語解説 教育委員会事務局 文化課 文化財係
絹本・紙本(けんぽん・しほん) 書画を描くために用いられた素材のこと。絹本は絹、紙本は紙に描かれています。 著色(ちゃくしょく) 着色に同じ、彩色されていることです。 墨画(ぼくが) 墨で描かれた画すなわち水...
建造物作者 教育委員会事務局 文化課 文化財係
磯辺儀左衛門信秀(いそべ ぎざえもん のぶひで) 近世中期以降、地方において宮大工から専門職として彫物師が独立しました。享保(きょうほう)11年(1726)に千手院(せんじゅいん)(千手町)に銘を残している田野辺村(現市貝町)の彫物師...
建造物用語解説 教育委員会事務局 文化課 文化財係
このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。 神社建築の形式 神社建築各部の名称(久我神社本殿) 神社建築の形式 神社建築各部の名称(久我神社本殿) ...
連絡先 教育委員会事務局 文化課 文化財係
『鹿沼市の文化財』・『粟野の文化財』・『粟野の野仏』をもとに制作したものです。 詳しくは、冊子をご覧ください。『鹿沼市の文化財』については、屋台のまち中央公園・木のふるさと伝統工芸館などで販売のほか、市立図書館でも閲覧できます。 ...
冊子販売 教育委員会事務局 文化課 文化財係
価格1,500円 規格A4判120ページ 発刊平成7年2月 鹿沼市内に所在する 国・県・市指定の文化財108点をすべてカラー写真入りで判りやすく紹介しました。 また巻末には付録として文化財の見方、用語解説、作者解説等...
鑑賞のポイント 教育委員会事務局 文化課 文化財係
建造物の鑑賞のポイント絵画の鑑賞のポイント彫刻の鑑賞のポイント工芸品-刀剣の鑑賞のポイント工芸品-屋台の鑑賞のポイント 建造物 神社に見る優れた建築彫刻 鹿沼市には、全面彫刻で飾られた屋台(やたい)がありますが、屋台と同...
前ページ 1 次ページ