このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

過去の企画展

鹿沼まるごと博物館では、調査・研究の成果を広く市民に還元するため、企画展を開催しています。
企画展一覧
名称 会期 会場 図録
パンフ
【第1回】
鈴木石橋と麗澤之舎
―鹿沼の知と文化の潮流―
平成27年12月5日
から 
平成27年12月20日
鹿沼市民文化センター 販売中
【第2回】
山・鉾・屋台行事と鹿沼今宮神社祭
平成28年11月29日
から 
平成29年2月12日
鹿沼市文化活動交流館 配布中
【第3回】
蔵出し!鹿沼の文化財
―新資料でたどる歴史と文化―
平成29年12月12日
から 
平成30年2月12日
鹿沼市文化活動交流館 配布中
【第4回】
明神前のモノ語り
―縄文人の知とこころ―
平成31年2月3日
から
平成31年2月18日
鹿沼市民文化センター 配布中
【第5回】
二宮尊徳と久保田譲之助
―最後の仕法が拓いた未来―
令和元年12月1日
から
令和元年12月22日
鹿沼市文化活動交流館 配布中

※「配布中」のパンフレットは資料閲覧室文化活動交流館郷土資料展示室で配布しています

展示内容

鈴木石橋と麗澤之舎―鹿沼の知と文化の潮流―

江戸時代の学者・教育者・篤志家である鈴木石橋の没後200年を記念して実施され、石橋・松亭・水雲の麗澤之舎3代ゆかりの品々が展示されました。
 

 山・鉾・屋台行事と鹿沼今宮神社祭

山・鉾・屋台行事が平成28年12月1日にユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念して実施されました。今宮神社祭の屋台行事に関する資料をはじめ、烏山の山あげ行事をはじめ全国各地の山・鉾・屋台行事の紹介も行いました。
 

蔵出し!鹿沼の文化財―新資料でたどる歴史と文化―

文化課文化財係が近年、調査した文化財を「蔵出し」して、鹿沼の歴史や文化の知られざる一面を紹介しました。考古・文書・美術工芸・自然・民俗のコーナーごとに多くの初公開の資料が展示されました。

明神前のモノ語り―縄文人の知とこころ―

鹿沼の原点…縄文にあり!鹿沼市上殿町にある明神前遺跡を遺した人々が、「生きる」ために工夫を重ねて作り出したさまざまなモノを通して、鹿沼の自然の中で力強く生きた縄文人の姿に迫りました。

 

明神前のモノ語りチラシ明神前展示室

(pdf 2.25 MB)

二宮尊徳と久保田譲之助―最後の仕法が拓いた未来―

最後の仕法は一人の若者に託された…。板荷に流れる久保田堀の開削を指導した久保田譲之助と、彼が師事した二宮尊徳・尊行親子らの農村復興事業を通し、幕末・明治の混乱期に地域の再興を目指した人々の足跡を明らかにしました。

掲載日 平成29年12月27日 更新日 令和2年3月30日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • 過去の企画展