このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き税・保険・年金固定資産税・都市計画税> 住まいが被害を受けたときは、写真を撮りましょう

住まいが被害を受けたときは、写真を撮りましょう

住まいが被害を受けたとき、最初にすることは

災害で住まいが被害を受けたときは、行政の支援や保険・共済などの適用を受けるため、被害の状況を写真で撮るようお願いします。

家の被害状況を写真で記録しましょう

片付けや修理の前に、家の被害状況を写真に撮って保存しておきましょう。罹災証明書を取得して支援を受ける際や、保険会社に保険金を請求する際などに、たいへん役に立ちます。
ポイントは、家の外と中の写真を撮ることです。

家の外の写真の撮り方

  • カメラ・スマホなどでなるべく4方向から撮るようにする
  • 浸水した場合は、浸水の深さがわかるように撮る。その際、メジャーなどをあてて「引き」と「寄り」を撮る

家の中の写真の撮り方

  • 家の中の被害状況写真は次のとおり撮りましょう
  1. 被災した部屋ごとの全景写真
  2. 被害箇所の「寄り」の写真

pdf詳細はこちらをご覧ください。(pdf 195 KB)

罹災証明書、被災証明書についてはこちら
 

掲載日 令和2年8月12日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
財務部 税務課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2117
FAX:
0289-63-2229
Mail:
(メールフォームが開きます)