このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  くらし・手続き >  相談 >  消費生活センター

消費生活センター

消費生活センター
前ページ 1 次ページ
【令和2年9月号】封書による架空請求に注意! 市民部 生活課
事例 封書が届き、中に「簡易支払い督促命令」、「総合消費料金が未納だったため、民事訴訟として訴状が提出された」と書かれていた。 連絡がない場合には、原告側の主張が確定し、その処置として給与や財産が差し押さえられるので、期日までに連絡する...
【令和2年8月号】電気の契約切り替えトラブルに注意! 市民部 生活課
事例 契約している大手会社の子会社を名乗る者から、電話や訪問があった。「電力供給を見直しませんか。電気料金が安くなります」と勧誘され、「子会社だから」とよく把握しないまま承諾したところ、別会社と契約することになってしまった。 アドバ...
消費生活センター案内 市民部 生活課 市民生活係
消費生活相談ご利用案内 鹿沼市消費生活センターでは、さまざまな消費者トラブルの相談を電話、来所でお受けし、解決のお手伝いをしています。(相談無料・秘密厳守) 電話番号 0289-63-3313 受付時間 月曜日~金曜...
特殊詐欺対策電話機等の購入補助金がスタートしました! 市民部 生活課 市民生活係
特殊詐欺対策電話機等を購入された高齢者の方への、購入費用の一部補助がスタートしました! 補助の対象となる方 以下のすべての条件を満たす方。 1.鹿沼市にお住まいで、かつ本市の住民基本台帳に登録されている65歳以上の方。 2.同内容の...
市民ボランティア出演の悪質商法啓発ビデオを公開中! 市民部 生活課 市民生活係
悪質商法啓発ビデオ「悪質商法にご用心!」を公開しています! 近年、高齢者が被害となる消費者被害が後を絶ちません。そこで、悪質商法や詐欺まがいの商法から高齢者の皆さんを守るため、消費者啓発ボランティアの皆様と共に悪質商法啓発ビデオを制作...
消費者情報(クーリングオフ・悪質商法等) 市民部 生活課 市民生活係
クーリング・オフについて クーリング・オフ制度とは、消費者が契約した後で冷静に考え直し、一定期間内であれば無条件で契約を解約できる制度です。すべての契約についてクーリング・オフができるわけではありません。訪問販売や電話勧誘販売につい...
鹿沼市消費生活条例について 市民部 生活課 市民生活係
鹿沼市では消費生活条例を制定しています。 鹿沼市消費生活条例(PDF 134 KB) 鹿沼市消費生活条例施行規則(PDF 130 KB)
借金で悩んでいませんか? 市民部 生活課 市民生活係
借金は解決できます 借金の返済が苦しくありませんか? クレジットカードで買い物をしていたら生活が苦しくなった 思いがけずリストラされたが、次の仕事が見つからず生活が苦しい 「絶対に迷惑はかけない」という友人の言葉を...
利用した覚えのない請求は無視しましょう 市民部 生活課 市民生活係
利用した覚えのない請求は無視しましょう 未払い代金の債権回収をしているという業者から、インターネット接続回線と有料サイトの利用料を請求するメールが届いたが、利用した覚えがない。「期日までに連絡しないと、法的手段に訴える」と書いてあるが、ど...
リンク 市民部 生活課 市民生活係
消費生活に関するリンク集です 独立行政法人 国民生活センター 栃木県庁消費生活のページ
前ページ 1 次ページ