このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全消防・救急火災予防> スプレー缶の取り扱いについて

スプレー缶の取り扱いについて

スプレー缶の取り扱いに注意してください!!

全国的に、スプレー缶のガス抜き取り作業時に事故が発生しています。
スプレー缶の取り扱いや処分については次のことに注意しましょう。

注意事項

  • スプレー缶には、可燃性ガスが使用されています。ストーブやコンロの周囲での使用や、ガス抜き取り作業は絶対に行わないようにしましょう。
  • スプレー缶は、ガスが残らないように使い切りましょう。
  • ガス抜き取り作業を行うときは、風通しの良い屋外で抜き取りましょう。
  • 屋内でのガス抜き取りは大変危険です。
BS57_19

スプレー缶の破棄について

スプレー缶の破棄については、下記リンク先の説明に従い、適切に処分してください。

家庭ゴミの出し方(鹿沼市ホームページ)

火災事例

鹿沼市内で、スプレー缶等が原因で火災が発生しています。

ライター・カセットボンベ・スプレー缶等による火災事例
 

掲載日 平成30年12月18日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
消防本部 予防課 予防係
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町520-1(消防本部・消防署 2階)
電話:
0289-63-1155
Mail:
(メールフォームが開きます)