このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財民俗文化財> 発光路の強飯式

発光路の強飯式

発光路の強飯式 発光路の強飯式

名称 

発光路の強飯式
(ほっこうじのごうはんしき) 

基本情報

室町時代 

指定

国指定(平成8年12月20日) 

所在地・アクセス

鹿沼市上粕尾740妙見神社と発光路公民館(郷土文化保存伝習館)

(車)東北自動車道栃木ICから粕尾峠・足尾方面行き約45分、鹿沼ICから粕尾峠・足尾方面行き約50分

所在地・アクセスマップ

保存団体

発光路強飯式保存会 (発光路妙見神社青年部)

成り立ち・見所

発光路の強飯式は、毎年1月3日に、発光路の鎮守(ちんじゅ)妙見神社の祭り当番引継ぎの後で行われる強力(ごうりき)行事で、強飯行事の一つです。
これは、時をきめて人間界を訪れる神仏を人々が心をこめた御馳走をつくり、もてなす習俗で、一度に大量の飯や芋、酒などを受け人に強いるところから、強飯と呼ばれています。
発光路の強力行事は、日光責めの流れをくむ古俗を今にとどめる民俗行事で、日光輪王寺のものと軌を一つにし、山伏(やまぶし)と強力に見られるように日光修験の名残りを残すものです。 地元に残る口碑伝承では、この行事は延文(えんぶん)年間(1356から1361)から行われていると伝えられています。

外部リンク

※見学等については、鹿沼市観光物産協会(0289-60-6070)へお問い合わせください。


掲載日 平成22年8月26日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)