このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

上殿太々神楽

上殿太々神楽

名称 

上殿太々神楽
(かみどのだいだいかぐら) 

基本情報

明治時代 

指定

市指定(平成6年3月31日) 

所在地・アクセス

上殿町 

保存団体

上殿太々神楽連中 

成り立ち・見所

現在、今宮(いまみや)神社、樅山生子(もみやまいきこ)神社、押原(おしはら)神社、下日向羽黒(しもひなたはぐろ)神社などで、イワトビラキ(岩戸開きの舞)など10から12座の演目が奉納されています。流派は宇都宮二荒山(ふたあらさん)神社の江戸系統に属する「神田流」の流れを汲む「宮比(みやび)流太々神楽」と推定されます。由来については、明治時代初期に押原神社の社司川又当麻守(東馬(とうま))が西高橋(芳賀町)の大根田某に依頼して、村人に伝授させたといわれます。以来100年にわたって受け継がれ、祭礼の折に上演、奉納されてきました。


掲載日 平成22年8月27日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)