このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

塩山囃子

塩山囃子

名称 

塩山囃子
(しおやまばやし) 

基本情報

江戸時代 

指定

市指定(平成7年3月31日) 

所在地・アクセス

塩山町 

保存団体

塩山町お囃子保存会 

成り立ち・見所

塩山囃子は小松流の五段囃子で、その曲目は1段 江戸ばか 七はたき おくり ひしぎ 江戸ばか(切り)、2段 昇殿、3段 神田丸、4段 鎌倉、5段 師調目(しちょうめ)で、師調目に特色があります。 1月1日・11月23日には塩山神社で、10月の今宮(いまみや)神社の付け祭りには、下材木町(しもざいもくちょう)屋台囃子の囃子方として演奏します。塩山では、江戸時代から塩山神社や八坂神社の祭典に地囃子が演奏・奉納されていたと考えられます。小松流を称することになった時期は明らかではありませんが、天保(てんぽう)年間(1830から1843) には、祭り囃子が伝承されたと推定されます。


掲載日 平成22年8月27日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)