このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財民俗文化財> 板荷のアンバ様

板荷のアンバ様

 

板荷のアンバ様

名称 

板荷のアンバ様
(いたがのあんばさま) 

基本情報

江戸時代 

指定

市指定(平成2年3月31日) 

所在地・アクセス

板荷
日枝神社
東武新鹿沼駅前「東武新鹿沼駅」からリーバス小来川森崎線「板荷コミセン前」下車300メートル

案内図は、板荷のアンバ様案内図のページをご覧ください。

保存団体

大杉神社氏子 

成り立ち・見所

3月の第1土曜日・日曜日にアンバ様の鎮座した神輿(みこし)が板荷地域全戸を回り、悪病除け、家内安全を祈願する行事です。神殿形式の神輿は大杉(おおすぎ)神社として、板荷宮内の日枝(ひえ)神社境内に鎮座しています。板荷のアンバ様は、常陸(ひたち)国河内郡桜川村阿波(あば)に祀られる本社大杉神社の祭神(大物主神(おおものぬしのかみ))の分霊を、江戸時代に勧請(かんじょう)したものです。「アンバ様」は阿波が変化した言葉であるともいわれ、神輿に安置された由緒書や座布団などの墨書によると、安政(あんせい)年間(1854から1859)かそれ以前から今日まで、150年以上も伝えられてきました。旧来の形態を損なうことなく、板荷全地域こぞって行われる貴重な行事です。

※開催日程および見学については、鹿沼市観光物産協会(0289-60-6070)へお問い合わせください。


掲載日 平成22年8月26日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)