このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

惻隠余剰国字解

資料情報

基礎情報

所蔵(ID) 鹿沼市教育委員会事務局文化課(鈴木成雄文書465~466)
年代 寛政3年(1791)頃
資料名 惻隠余剰国字解
作成者 鈴木石橋
備考等 虫損/市指定有形文化財「鈴木石橋遺稿」

解説

鹿沼宿石橋町に居住した漢学者・教育者・救恤家である鈴木石橋の代表作のひとつです。文章は漢文ですが、「国字解」とあるように漢文の後に漢字とカタカナで解説が書かれています。内容は、親子の愛情や、悲劇的な子殺しの実例をあげて堕胎・間引きの非人間性を説くものです。石橋が自ら間引きを試みる者を止めたことや、女児を引き取って養育していることなども書かれており、彼の実践的な姿勢がうかがえます。

参考文献


掲載日 平成30年7月30日 更新日 平成30年11月2日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)