このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

加蘇山の千本かつら

 加蘇山の千本かつら

名称 

加蘇山の千本かつら  2本
(かそさんのせんぼんかつら) 

基本情報

推定樹齢 (A)1000年(B)700年

樹高(A)26.0メートル  (B)21.0メートル・胸高周囲(A)8.8メートル  (B)7.0メートル
枝張り東西(A)21.0メートル  (B)17.0メートル南北20.0メートル  (A北10.0メートル  B南10.0メートル)
(昭和58年11月測定)

指定

県指定(昭和32年8月30日)

所在地・アクセス

上久我3440

JR鹿沼駅・東武新鹿沼駅前「東武新鹿沼駅」から石裂行きリーバス終点
「上久我石裂」下車徒歩10分で加蘇山神社本殿、 加蘇山神社本殿から
石裂山回遊登山コース35分
(リーバスの本数は少ないので、ご注意ください。)  

案内図は、加蘇山の千本かつら案内図のページをご覧ください。

所有者

加蘇山神社 

成り立ち・見所

カツラ(カツラ科)は各地の山地に自生する落葉高木で、主幹は垂直に伸び、樹高が25mを越すものもあります。千本かつらは、加蘇山神社の本殿の脇から参道を登る途中の沢の中に、寄り添うように立つ2株の大きなカツラで、古くから縁むすびの神木として信仰されています。主幹はすでに枯死していますが、下部は数本の幹が叢生(そうせい)し、根元付近に立ち上がった数10本の小幹とともに、全体として1本の大きな株を形成しています。


掲載日 平成22年8月27日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)