このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

尾出山神社のモミ

尾出山神社のモミ

名称 

尾出山神社のモミ
(おでやまじんじゃのもみ) 

基本情報

推定樹齢  350~400年

樹高        約30m

目通周囲  4.56m

指定

市指定(平成24年4月26日) 

所在地・アクセス

鹿沼市上永野1883-2

リーバス永野与洲平線  落合バス停下車  約10m(百川茶屋上方約50m)

所有者

宗教法人尾出山神社

成り立ち・見所

「尾出山神社のモミ」は、別名「与洲のモミ」とも呼ばれ、尾出山神社境内(上永野与洲)の社殿に向かって左側にあり、神社の御神木として地域で大切にされてきたものです。
このモミは、尾出山神社の社殿造営による岩盤掘削以後に生えたものと思われ、天正10年(1582)と伝えられる神社の創建から考えて、樹齢は350~400年と推測されます。杉林下方の急な斜面に生え、下が岩盤で、日当たりも悪いなか、根張り・下枝の繁茂も良く、いまも樹勢は旺盛です。
本種の天然記念物指定は県内では少なく、鹿沼市内でも最大のモミであることから、天然記念物として指定されました。


掲載日 平成24年5月7日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)