このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > 改元に伴う文書等への元号の表記について

改元に伴う文書等への元号の表記について

2019年5月1日から新元号「令和」となることが予定されていることから、市が発送する文書等における元号の取扱いについて、お知らせします。
  • 本市では、文書等への日付の表記に当たっては、文書等の種類や性質により、和暦又は西暦を使用しています。
  • 2019年4月30日までに市が発送する文書等で和暦を使用する場合は、同年5月1日以降の日付を含めて原則として「平成」と表記し、5月1日以降に発送する文書等から新元号「令和」による表記となります。
文書等の発送時期 日付の表記
(例)「2019年6月1日」を和暦で表記する場合
2019年4月30日まで 「平成31年6月1日」
2019年5月1日以降 「令和元年6月1日」
  • ただし、5月1日以降であっても、文書の印刷や発送のスケジュールの関係上、改元後の日付を「平成」と表記している場合がありますが、法律上の効力に影響はないため、有効なものとして取り扱いますので、御了承ください。
  • なお、市民の皆様が市に提出する申請書や届出書で、改元後の日付を「平成」と表記した場合でも有効なものとして取り扱います。また、西暦でも差し支えありません。

掲載日 平成31年4月2日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 総務課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2138
FAX:
0289-63-2143
Mail:
(メールフォームが開きます)