このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ自然体験交流センター主催事業案内&報告> 令和3年度主催事業報告

令和3年度主催事業報告

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。

令和3年度主催事業報告☆

「第2回初めての蕎麦打ち!」を行いました。

日時:1月15日(土曜日)
参加者:6家族14名

令和4年、今年初めての主催事業が行われました。
感染者数が増加する中ではありましたが、2週間前からの健康チェックと、当日の体温測定・こまめな手指消毒、換気の徹底など感染症対策を十分に行いながら「初めての蕎麦打ち!」を実施しました。
今回のイベントも、自然体験交流センター管理運営スタッフ会議の講師部会の方にご協力をいただきました。

まず初めに、参加者の皆さまと記念撮影をします。(撮影の時のみマスクを外しています。)
RIMG7086[1]
次に、今回の講師を務めるリーフから蕎麦打ちの手順について説明をした後、参加者の皆様に打っていただきました。
RIMG0494[1]RIMG0498[1]
RIMG0501[1]RIMG0503[1]
RIMG0504[1]RIMG0514[1]

皆さま初めてとは思えない手つきで上手ですね。
伸ばし方・切り方なども丁寧に進めて行っていただいています。
最後にゆで方の説明です。

RIMG0521[1]RIMG0524[1]
感染症対策で各家庭ごとに別の鍋で茹でた後、それぞれ召し上がっていただきました。
RIMG0526[1]

このコロナ禍の中、皆様の健康に気を配りながら安全に運営することができたのも参加者の皆様のご協力があってのことです。
心より感謝申し上げます。
ぜひまた、交流センターに遊びに来てくださいね!お待ちしております!

「星に☆願いを」を行いました。

日時:12月11日(土曜日)
参加者:8組29名

天気の心配もなく月が光輝く中、「星に☆願いを」が行われました。
まず初めに、出会いの集いを行い、職員の自己紹介、参加者の方々から自己紹介をしていただきました。
RIMG6595[1]
今回も文化センターの方に望遠鏡の使い方をご指導いただきました。
出会いの集いのあと、当センターのリーフから今日見られる星座の説明を受けます。
RIMG6598[1]RIMG6599[1]
RIMG6600[1]
そして、その後に待ちに待った星空観察です。
あいにく薄曇りがかかっていましたが、雲の切れ間から断続的に星空を見ることができました。
RIMG0470[1]RIMG6606[1]
渡邊さん[1]
(とらせて頂いた写真の一部をご紹介いたします。)
甘酒や温かい飲み物で体を温めながら、笑顔のみなさんとの交流でスタッフ一同心も温かくなりました。
また皆様の素敵な笑顔に会える日を楽しみにしています。
ありがとうございました。

「第1回窯焼きピッツァに挑戦!」を行いました。

日時:12月5日(日曜日)
参加者:7組29名

気持ちの良い晴天のもと、大人気のイベント「窯焼きピッツァに挑戦!」を行いました。
受付時に体温の測定、健康チェックシートの記入をお願いし感染症対策を万全に行いながらの実施です。
まず初めにオリエンテーションを行った後、参加者の皆様とスタッフとで集合写真を撮りました。
(1)配布用集合写真[1]
(写真撮影の際、一瞬だけマスクを外しています。)

そして、身支度を整えた後メンチによる生地作りの説明。
RIMG6938[1]RIMG6940[1]
RIMG6945[1]
各家庭ごとに生地作りを行います。材料を丁寧に混ぜ合わせながら根気強くこねていくと…
この通り♪

RIMG6956[1]
発酵させている間に、トッピングの材料を切ったり、リースづくりをしていただきました。

RIMG6968[1]RIMG6969[1]
RIMG6975[1]
焼きたてあつあつを召し上がっていただきます。
RIMG6995[1]RIMG7008[1]
自由時間にはお子様同士でロープアスレチックで遊んだり、鬼ごっこをしたりして交流を深めている様子が見られました。
次回は第二回を1月に予定しています。
また、皆様の素敵な笑顔にお会いできる日が来ることをスタッフ一同楽しみにしています。
ありがとうございました。
 

「第1回初めてのそば打ち!」を行いました。

日時:11月20日(土曜日)
参加者:5組7名

RIMG6886
当センターを支えてくださる管理運営スタッフ会議、講師部会の方をお招きし「初めてのそば打ち!」を行いました。
RIMG6472
RIMG6474
皆様、とても初めてとは思えないほど華麗な手さばきでそばを打ち始めます。
まずは、肝心な水回し…そしてこねはじめ、綿棒で伸ばし始めます。
RIMG6486RIMG6515
そして、麺ゆでのポイントを確認した後、各ご家族ごとに茹でて召し上がっていただきます。
RIMG6526
RIMG6529
参加者の皆様同士の温かい交流も見られ、たくさんの笑顔に支えられ怪我無く無事に終了することができました。
大変ありがとうございました。
1月15日に第2回目を予定しています。
ご興味のある方は、ぜひお申込みいただければと思います。
 

「秋の教室(1)」を行いました。

日時:11月13日(土曜日)
参加者:7家族22名

気持ちのよい晴天のもと、「秋の教室(1)」を行いました。
大人気のイベントのため、1回目と2回目に分けて行います。
P1170693
今回のテーマは「秋を極麺(きわめん)!」ラーメン作りです。
スタッフから説明を聞いた後、ご家族毎に麺うちスタートです。
P1170727P1170730
お子様たちも、たくさん手伝っている様子が見られました。
とても上手ですね。

続いては、餃子作り…
RIMG6826
感染症対策で、個別に麺も茹でていただきます。(近くに大人のスタッフが控えています。)
RIMG6838
出来立て・茹でたてのラーメンと餃子を一緒に召し上がっていただきます。
RIMG6840

そして、最後はリース作り。
RIMG6849

お土産を持ち帰っていただきました。
次回は11月28日を予定しています。
たくさんのお申し込みをいただきありがとうございました。また、皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

「デイキャンプ」を行いました。

日時:11月3日(水曜日)
参加者:4家族15名

緊急事態宣言のため、中止となった夏の「デイキャンプ」の参加者の皆様を対象に行いました。
今回のテーマは「燻製づくり♪」
なんと、燻製機を作ることから始めます。
RIMG6448RIMG6449
センター長ののっちゃんから、作り方について説明を受けます。
その後、ご家族毎に安全に留意しながら作っていただきました。
RIMG6450
RIMG6453RIMG6452
もくもく煙が上がっています。
出来立てあつあつの燻製をご家族毎に召し上がっていただきます。
その後、希望される方に木の実のクラフトを作っていただきました。

RIMG6455RIMG6456
午後からスタートの半日のイベントでしたが、たくさんの皆様の笑顔にお会いすることができ交流スタッフ一同元気をいただきました。
また、どこかでお会いできる日を楽しみにしています。
ありがとうございました。
 

「かぬまっ子わくわくキャンプ」を行いました。

日時:7月31日(土曜日)から8月2日(月曜日)
参加者:鹿沼市内在住の小中学生25名、実行委員の大学生4名

RIMG6045RIMG1103
お天気に恵まれ、2年ぶりに「かぬまっ子わくわくキャンプ」が行われました。
昨年度はコロナ禍の影響もあり実施が見送られましたが、今年は日程と参加人数を半数に絞っての開催となりました。
参加者の皆様にはお手数おかけしましたが、参加前2週間の健康観察・チェックシートの記入をお願いし万全の状態で参加していただく運びになりました。

さあ、いよいよわくわくキャンプのスタートです。
受付を行い、実行委員の案内で部屋に荷物を入れます。
RIMG1006RIMG1009
開会式の前に、キャンプネームで名札を作成しました。参加者を代表し中学生2名が「誓いの言葉」を宣誓します。
RIMG1020RIMG5903
RIMG1037RIMG1041
子どもたちは4つのグループに分かれ3日間を共に過ごします。一緒に過ごす実行委員からそれぞれのカラー帽子が配布されました。
3日間一緒に過ごす、仲間の証です。
RIMG5911
外に出て一つ目の活動「仲間つくりゲーム」です。初めて会う子ども同士がリラックスして活動に臨めるようアイスブレイクをし、パイプラインを行いました。
(学校の活動と同様、感染症対策でパイプを長くしてあります。)
RIMG0005RIMG0027
RIMG1061RIMG1063

おいしい食堂でのおひるごはんのあと、みんなで「はいバター!!」元気に集合写真です。
(集合写真のとき、一瞬だけマスクを外しました。)
P1170601P1170607
午後1つ目の活動は「トレジャーアドベンチャー」
仲間と地図を頼りに、様々なミッションをクリアーすべく力を合わせて頑張ります。
DSC_1256HORIZON_0001_BURST20210731133550010_COVER
HORIZON_0001_BURST20210731144901927_COVERRIMG5943
DSC_1263DSC_1257
RIMG1112RIMG1096
RIMG1086RIMG1098
がんばったご褒美に、のっちゃん・ももちゃん亭でおいしいかき氷と、花火をゲットしました♪
そのあとは、体を休めながら涼しい部屋で翌日行う班別活動の計画を立てました。
夜は楽しい「ナイトゲーム」です。地図を頼りに、グループの友達と協力しながら板荷地内を散策しました。
夜はぐっすり「おやすみなさい☆彡」

二日目の活動は「鱒つかみ」からスタートです。朝早くから地域の方が火おこしの準備をしてくださいました。
子どもたちが鱒をさす櫛も地域の方々の手作りです。川の増水により予定した場所と変更になり、コテージの前で鱒つかみを行いました。
捕まえた鱒を捌き、よく洗い、櫛にさしていきます。やり方を教えてもらい、自分たちで挑戦する子もいました。
RIMG6075RIMG0079
RIMG0043RIMG0061
RIMG6096RIMG0041
RIMG0049RIMG6109
火が絶えないようにずっと見守っていただき、いただいた命がおいしく食べられるようたくさんの方々にサポートしていただきました。
お忙しい中、中村教育長にも来所していただき挨拶を頂戴し、鱒をおいしくいただきました。
RIMG6114RIMG6123
RIMG6124RIMG6125
RIMG6126RIMG6173
おととしまで実行委員として活躍してくれたOGが応援にも来てくれました。
OB,OGは今は各地で様々な立場で活躍しています。今回来てくれたOGも学校に勤務しています。
夏休みで忙しい合間にもこうして応援に来てくれたことが本当にありがたいことです。

暑い中の活動だったので、お部屋でゆっくり休憩しお昼ご飯を食べた後、基地づくりとチャレンジ班活動を行います。
RIMG0093RIMG0096
RIMG0102RIMG0124
RIMG0125RIMG0127
RIMG0123
素敵な基地が出来上がりました♪基地コンテストの結果はキャンプファイアで発表されます。
前日班ごとに考えた活動案をもとに、チャレンジ班活動を行いました。
内容は、釣り、川遊び、ケイドロ、水風船ドッジボールなどです。
RIMG6180RIMG6179
RIMG6192RIMG6199
RIMG6201
思い思いの遊びを満喫した後、本日の夕ご飯は「非常食体験」です。
のっちゃんから説明を聞いた後、それぞれに飯盒炊飯を行い、飯盒のふたでおかずづくりを行いました。
ウインナーや卵を炒めたり、鮭を焼いたり思い思いのおかずづくりに挑戦しました。
RIMG1162RIMG0142
RIMG1173RIMG1184
いよいよ最後の夜、「キャンプファイア」です。
まずは、聖火リレーの登場です。各班の代表が火をもらい、火をともします。
実行委員が案を出し、子どもたちにとって思い出に残るイベントとなるよう工夫されていました。
班ごとに楽しい出し物を企画し、楽しいなぞなぞ、体を使ったゲームなど盛りだくさんの内容となりました。
20210801_20265220210801_202700
20210801_20273420210801_202809
20210801_20324520210801_212131
20210801_21373820210801_214350
そして、いよいよ最終日となりました。
部屋の片づけをある程度済ませ、午前中の活動は川活動です。子どもたちが楽しく安全に活動できるよう事前に何度も安全確認を行いました。
RIMG6297RIMG0234
RIMG6329RIMG6336
RIMG0237RIMG6318

最後は「思い出のキーホルダーづくり」です。3日間の思い出をひとりひとり形に表しました。
そして、3日間お世話になった実行委員にサプライズでプレゼントをつくり、閉会式に贈りました。
RIMG6217RIMG6472
RIMG6232RIMG6248
子どもたちから実行委員にメッセージとプレゼントを贈った後、実行委員からも手紙や賞状のサプライズがありました。
RIMG6263RIMG6275
RIMG6429RIMG6475
これで3日間の「かぬまっ子わくわくキャンプ」は終了です。
このコロナ禍において無事に開催できたのも、子どもたちの健康と安全のために支えてくださったご家族のみなさん、お忙しい中様々な活動を支援して見守ってくださった地域の方々のおかげです。また、お忙しい中様々な場面でお力添えをいただいたみなさんありがとうございました。

この3日間の思い出を胸に、これからもいろいろな場所でみなさんの笑顔が輝くことを、交流センタースタッフ一同心から願っております。
またどこかで会える日を楽しみにしています。ありがとうございました。
P1170611
 

7月17日「夏の教室」を行いました。

日時:7月17日(土曜日)
参加者:8家族27名

青空のもと、初めてのイベント【森の教室シリーズ「夏の教室」】が行われました。
雨天時・増水時には中止の予定でしたが、川の水量もちょうどよく気持ちの良い晴天の中川遊びをしました。

まず始めはオリエンテーション。スタッフの自己紹介をし、一日の予定をお伝えします。
そのあと、川遊びの諸注意を聞き、ライフジャケットを着用していただき、河川敷に移動します。

RIMG0767[1]RIMG0783[1]
河川敷に移動し、メンチ号令の下準備運動をします。

そのあとは自由に川遊びをしていただきました。

おやつ休憩の後、クリントンが皆さんを率いて川のぼりをします。
お子さん同士でバディーを組み、安全に留意しながらどんどん川をのぼっていきます。

RIMG0797[1]RIMG0816[1]
川のぼりをしない小さなお子様同士、魚を見たりおたまじゃくしを捕まえたりするなどの交流が見られました。
RIMG0811[1]
川をのぼった方たちで「はい、チーズ♪」

RIMG5774[1]RIMG5791[2]

飛び込みスポットで勢いよくジャンプ♪(安全面には十分配慮しています。)
RIMG5808[1]RIMG5814[1]

お昼ご飯は河川敷や野外炊事場でご家族ごとに召し上がっていただきました。
シャワーを浴びていただき、14時に解散となりました。

みなさまの素敵な笑顔に、スタッフ一同元気をいただきました。
いただいたご意見をもとに、今後も皆様に喜んでいただけるイベントを企画してまいります。
参加していただいたみなさま、一日ありがとうございました。
 

7月10日、11日「第2回ファミリーキャンプを」を行いました。

日時:7月10日(土曜日)11日(日曜日)
参加者:8家族24名

天気予報とにらめっこしながら、雨天が心配されたファミリーキャンプでしたが、皆様のご協力のもと無事に安全・安心に活動することができました。

まず初日、午後から雨の予報でしたので、予定を変更しテントを立て始めました。

RIMG0571P1170461
クリントンの説明の後、実際にご家族毎にテントを立てていただきます。
まずは、場所を選んでいただきます。お子様も進んで協力しながら立てていました。

P1170471P1170495
完成後、みなさんで記念撮影!
「にっこりにっこりはいチーズ♪」
皆さんの素敵な笑顔をいただきました。(一瞬だけマスクを外しています。)

P1170506P1170511
RIMG0589P1170538
お子さんも火をおこしたり、ご飯を研いだり、お野菜を切ったり…とたくさんお手伝いをしていました。
飯盒や羽釜でご飯を炊き、それぞれのご家族ごとにバーベキューを召し上がっていただきます。

夜は雨が降ってきてしまいましたので、キャンプファイアではなくキャンドルファイアを実施しました。
RIMG0604RIMG0615
メンチから説明を聞いたのち、火の神様から火を受け取ります。
ひとりひとり大切そうに火を扱いながら、キャンドルに火をともします。
RIMG0616RIMG0645
そのあとは「親睦の火」の中、みんなで楽しくゲームや踊りで楽しい時間を過ごしました。
RIMG5661
最後はみんなで団扇を仰ぎ、火を消しキャンドルファイアは終了です。
昼間立てたテントの中で「おやすみなさい☆彡」

二日目の朝、朝食づくりをして召し上がっていただいた後、テントのお片付けです。
RIMG5669
そしてみなさんお楽しみの川遊びを行いました。
RIMG0678RIMG0681
RIMG0688RIMG0696
前日夜の雨で増水が心配だったのですが、本流ではなく支流で安全に楽しく行いました。
小魚を見つけたり、川上りをしたり、思い思いに楽しんでいただいたようです。

昼食を食べ、別れの集いを行いました。
皆様の温かいお言葉や笑顔にスタッフ一同元気をいただきました。

また会える日を楽しみにしています。2日間ありがとうございました。

6月12日、13日「第1回ファミリーキャンプ」を行いました。

日時:6月12日(土曜日)13日(日曜日)
参加者:8家族34名

気持ち良い晴天のもと、「第1回ファミリーキャンプ」を行いました。
参加者は例年の半数以下の8家族34名です。

今回のテーマは「みんなで楽しくキャンプ♪」
テントの立て方を知り、実際にテントで寝ます。
そして夕ご飯は自分たちでかまどでご飯を炊き、バーベキューを楽しんでいただきました。
夜は、自由参加のキャンプファイアで大盛り上がり♪

二日目は川遊びを楽しんだ後、カレーを召し上がっていただきました。
それでは、写真とともにどうぞ二日間の様子をご覧ください。
(今回は下野新聞社と鹿沼ケーブルテレビの方に取材に入っていただいています。)

P1170336P1170339
P1170378
(一瞬だけマスクを外していただきはい、バター!…ならぬはい、チーズ!!)
P1170340P1170350
P1170357 P1170374
P1170381
今回はのっちゃんのキャンプテクニックもご伝授します。
テント・道具選び身近なものを生かしたキャンプテクニック、キャンプ飯の基本編について興味のある方に聞いていただきました。

夕ご飯はご家族毎にバーベキュー。飯盒でご飯を炊いていただきます。
P1170394P1170406
RIMG5343
夜になり、板荷茶衛門の登場。
参加者のお子様たちに火を分けて、着火します。
RIMG0405RIMG0407
初めはこんなに小さかった火も…
RIMG0418RIMG0424
ぐんぐん大きくなっていき、火を囲みながら楽しいゲームが始まります。
RIMG0428RIMG0449
そして、宿泊棟にあるヒノキ風呂に入った後、それぞれのテントでおやすみなさい☆彡

二日目の朝。野鳥の声や日の出とともに起きた方もいたようです。
ご飯を炊いたり、ガスコンロで調理をしたりして、朝食づくりのスタートです。
お子様たちも積極的に保護者の方のお手伝いをしていました。

RIMG0479RIMG0485
RIMG0482
卵焼きもとても上手で感心してしまいました。
しばらく、テントを干した後お片付けのスタートです。
RIMG0494RIMG0495

その後、川遊びで楽しんでいただきました。
まずは、川遊びやライフジャケットについての注意を聞いていただきます。
RIMG0503RIMG0530
RIMG0513RIMG0539
小魚や沢蟹などを捕まえたり、川流れをしたり、思い思いの活動を楽しんでいただきました。
お客様から預かった沢蟹くんもセンターの水槽で元気に過ごしています♪

昼食を食べていただいた後、解散となりました。

様々な活動をともに過ごし、センター職員一同お客様からたくさんの元気と笑顔をいただきました。
二日間大変ありがとうございました。また、皆さんの素敵な笑顔にお会いできる日を楽しみにしています。

 

5月15日、16日「春の教室」を行いました。

日時:5月15日(土曜日)~5月16日(日曜日)
参加者:8家族27名

今年度初の宿泊イベント「春の教室」を開催しました。
今回のテーマは「~板荷の春を味わいに出かけよう~」です。
うどん打ち体験、ナイトゲーム、野鳥観察、ハイキングを体験していただきました。

まずは参加者の皆様とスタッフで記念撮影。
P1170310
写真を撮るときだけ一瞬マスクを外していただきました。

そのあとクリントンによる楽しいアイスブレイクです。
RIMG5046
初めて会う参加者さん同士ですので、まずは雰囲気づくりから入ります。
雰囲気も温まったころ、うどん作りの開始です。
ご家族ごとにうどんを打ち、ご家族ごとにつくったけんちん汁で召し上がっていただきます。
RIMG0241 RIMG0239
RIMG5096 RIMG5098 RIMG5071

子どもたちも一生懸命がんばります。うどんつくりに挑戦する子もいれば、火おこしに挑戦する子、自然の中のびのび遊ぶ子もいました。
RIMG5070 RIMG5069
出来あがったうどんはセンタースタッフが心を込めてゆでます。
打ちたて、出来たて、茹でたての最高の状態で召し上がっていただきました。

そのあとは、メンチプレゼンツ「ナイトゲーム」。
RIMG5128 RIMG5145
板荷茶黄門と、ゴジ助、格にゃーを探し、参加者の皆さんは森を散策します。
集めたアイテムでスタッフ扮する悪役を退治していただきました。

その後はお部屋でゆっくりしていただきます。

二日目の朝、ちょっぴり早起きをしてセンタースタッフ会議の講師でもある竹澤様に野鳥観察会を開いていただきます。

自然豊かな板荷だからこそいる様々な野鳥をじっくり観察しました。
燕やヒヨドリ、シジュウカラなどが見られたり、雉や鶯などの野鳥の鳴き声を聞いたりすることができました。
RIMG5156[1] RIMG5159[1]
RIMG5168[1]
体を動かした後は食堂のおいしい朝食です。たくさんご飯やスープをお代わりして召し上がっていただきました。
いよいよ最後の活動ハイキングです。
P1170319 P1170321
P1170324 P1170328
板荷をゆったりと散策しながら、見つけた動植物でビンゴゲームをしたり、草花の解説を聞いたりしていただきました。

二日間参加者の皆様と楽しい時間を過ごすことができスタッフ一同も幸せでした。
また皆様に会える日を楽しみにしています。ありがとうございました。

 

 

 

4月25日「第一回デイ☆キャンプ」を行いました。

日時:4月25日(日曜日)
参加者:8家族40名

今年度最初のイベント「デイキャンプ」が行われました。
感染症対策を十分に講じ、人数を定員の半数に減らしての開催です。
今回は、ピザコースとハイキングコースに分かれます。

まず始めは出会いの集いです。参加者のみなさまから自己紹介していただきました。
RIMG0155[2]RIMG0148[2]
RIMG4715[1]
ピザコースのほうからご紹介いたします。
RIMG0157[1]RIMG0160[1]
今回の担当は「メンチ」
ピザづくりの手順について粉を練る際、発酵後トッピングをする際の注意点などを伝えます。

お子様たちも張り切ってつくります♪
RIMG0165[1]RIMG0182[2]

RIMG0171[1]
自由時間にはご家族ごとに遊んでいただきます。緑が美しい季節ですね。
RIMG0168[2]
RIMG0185[2]RIMG0201[1]
スタッフが焼いたできたてあつあつは格別のおいしさです。
RIMG0189[1]
続いてはハイキングコースの様子です。
案内役はのっちゃん&リーフ。自然豊かな板荷の植物や生き物についてハイキングをしながら学んでいただきます。
まずは、黒川にかかる「三河淵橋」(←利用者の方のみ通っていただけます。)を渡りせせらぎプールのほうへ向かいます。
RIMG4736[1]RIMG4740[1]
参加者のみなさまも熱心に自然観察していますね♪どんどんハイキングは続きます。

RIMG4743[1]RIMG4750[1]
しばらく歩いたので適宜休憩をとっていただきました。
RIMG4760[2]RIMG4757[1]
これは何の生き物でしょうか。
RIMG4763[1]
夕飯は食堂メニューカレーライスです。歩いた後のカレーは最高です♪
RIMG4767[1]
そして、今日の締めくくり「キャンプファイアー」
板荷茶衛門が登場し点火します。はじめはこんなに小さかった火も、日が暮れるとともにぐんぐん大きくなっていきます。
RIMG4784[1]RIMG4791[1]
火を囲みながら、楽しい時間をすごしていただきました。
RIMG4813[1]

参加者のみなさまのご協力もあり、一日無事に活動を終えることができました。
今後も感染症の状況を見極めつつ、様々なイベントを感染症対策を講じ実施方法を工夫しながら行っていく予定です。
参加者の皆さま一日ありがとうございました。


 

掲載日 平成26年3月13日 更新日 令和4年1月17日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 自然体験交流センター
住所:
〒321-1111 栃木県鹿沼市板荷6130
電話:
0289-64-8890,0289-64-8760
FAX:
0289-64-8886
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています