このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップごみ・環境地球温暖化対策> 2050年二酸化炭素排出実質ゼロを目指します!

2050年二酸化炭素排出実質ゼロを目指します!

地球温暖化による影響と国際的な取り組み目標

気候変動の影響による被害は様々な分野で甚大な被害を及ぼしており、今後も地球温暖化の進行によりさらなる被害リスクが高まることが予測されています。
このような状況をふまえ、2015年には国際的な地球温暖化対策の枠組みである「パリ協定」が採択され、世界の平均気温上昇を産業革命以前から2℃未満とし、1.5℃に抑える努力をするという目標が世界で共有されることとなりました。
また2018年に公表されたIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書において、「気温上昇を2℃よりリスクの低い1.5℃に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素の実質排出量をゼロにすることが必要」とされています。

排出量実質ゼロとは

二酸化炭素などの温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と、森林等の吸収源による除去量との間の均衡を達成することです。

2050年二酸化炭素排出実質ゼロの表明

環境省では、こうした目標の達成に向け、2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指す地方自治体を「ゼロカーボンシティ」として広く発信し、全国の自治体に表明を呼びかけています。
鹿沼市においてもこの取り組みに呼応し、全国の他自治体とそして栃木県と連携し一枚岩となって気候変動対策をさらに加速させるため、「2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指す」ことを表明します。 

今後の取り組みについて

クールチョイスやプラごみゼロ運動など、既存の二酸化炭素排出削減への取り組みをさらに発展させていくとともに、令和3年度に策定予定の「第5次鹿沼市環境基本計画」において、具体的な施策内容や目標値を設定してまいります。

※「地方公共団体における2050年ゼロカーボンシティの表明状況」については環境省のホームページをご覧ください。


掲載日 令和3年1月7日 更新日 令和3年2月3日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
環境部 環境課
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町695-7(環境クリーンセンター2階)
電話:
0289-64-3194
FAX:
0289-65-5766
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています