このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ福祉・健康健康市民の健康> 熱中症を予防しましょう

熱中症を予防しましょう

熱中症に注意しましょう!

熱中症は、室内や夜間、安静時でも多く発生しています。また、加齢とともに体の水分量が減少しているため、特に高齢者は注意が必要です。しっかりと体調管理を行いましょう。

熱中症の症状

手足がつる、全身がだるい、めまい、吐き気、頭痛、頻脈、ふらつく等

応急処置

(1)水分、塩分の補給
(2)体温を下げる
※熱中症の症状が改善しない時は、早めに医療機関を受診してください。

予防対策

・こまめに水分・塩分補給(スポーツドリンク等常備)
・エアコン・扇風機を上手に使用
・シャワーやタオルで体を冷やす
・暑いときは無理しない
・部屋の温度を測る(28度を目安にする)

詳しくは、環境省熱中症予防情報サイト

掲載日 令和元年7月30日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館1階)
電話:
0289-63-8311
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)