このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ病気・けが> 脳脊髄液減少症に関する情報

脳脊髄液減少症に関する情報

脳脊髄液減少症とは、交通事故やスポーツ外傷の後遺症、転倒事故等、体への強い衝撃により、脳脊髄液が漏れ、減少することによって、頭痛、首の痛み、めまい、吐き気、耳鳴りなどの様々な症状を引き起こす病気とされています。
交通事故やスポーツ外傷の後、頭痛やめまい等の症状が見られる場合は、安静を保ちつつ医療機関を受診することが大切です。

栃木県では、県内の医療機関の協力を得て「脳脊髄液減少症」の診療に関する調査を行い、その結果についてホームページで公表しております。 

家族や周囲の方の理解が大切です

脳脊髄減少症は、いつでも、誰でも起こりうる病気です。「怠け」や「精神的なもの」だと簡単に判断したり、決めつけたりせず、家族や周囲の方の温かい言葉や理解がとても大切です。

関連情報リンク

(新しいウィンドウが開きます)


掲載日 平成22年10月12日 更新日 令和3年9月1日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課 市民健康係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(行政棟 5階)
電話:
0289-63-8312
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)