このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  税・保険・年金 >  税制改正

税制改正

No Image

固定資産税・都市計画税についての税制改正 行政経営部 税務課 資産税係
固定資産税・都市計画税に関する主な税制改正は次のとおりです。 詳しくは各ページをご覧ください。 生産性向上特別措置法に基づく先端設備等の課税標準の特例について 中小企業等の経営力向上設備の課税標準の特例について 太陽光発電設備等に係る固定資...

No Image

扶養控除の見直し 行政経営部 税務課 市民税係
平成22年度の税制改正で扶養控除の見直しがなされ、平成24年度の住民税の課税において、 年齢16歳未満の年少扶養親族に係る扶養控除が廃止されます。これにより、これらの方は控除対象扶養親族から外れ、下図のとおり、控除額が33万円から0円にな...

No Image

生命保険料控除の見直し 行政経営部 税務課 市民税係
平成22年度の税制改正により、平成25年度の住民税における生命保険料控除の見直しがなされました。 今回の改正では、生命保険料控除の合計適用限度額の7万円に変更はありませんが、従来の一般生命保険料控除(改正前:適用限度額3.5万円)と個人年...

No Image

退職所得における特例措置の廃止 行政経営部 税務課 市民税係
退職金に係る個人住民税(市県民税)の計算方法が平成25年1月1日から変更になります。 下記の2つの特別措置が廃止になりますのでご注意ください。 退職所得に係る個人住民税の10%税額控除が廃止になります 平成25年1月1日以降に支払いを受け...

No Image

均等割が変わります【復興増税】 行政経営部 税務課 市民税係
平成26年度から、復興増税により個人市民税県民税の均等割の額が変わります 「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」 が制定されたことに伴い、均等割の額が改正さ...

No Image

税制改正 行政経営部 税務課 市民税係
平成27年1月13日現在 このページでは、多くの方に影響のある改正点を抜粋して掲載しています。 掲載のない税制改正事項については、市民税係までお問い合わせください。 平成30年度課税分に関する事項 給与所得控除の見直し(上限額の引き下げ)、...

最近チェックしたページ