このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報行財政公共施設活用> 公共施設等民間提案制度 ~市有資産の活用アイデア募集中!~

公共施設等民間提案制度 ~市有資産の活用アイデア募集中!~

市有資産の活用アイデアを募集します!

握手本市は、鹿沼市公共施設等総合管理計画の基本方針に基づき、公共施設等の整備・運営を見直す場合、必ず民間活力の導入可能性を検討することとしています。
この民間活力導入をさらに促進するため、庁内の検討だけではなく、民間事業者からの提案を募集し、市有資産の利活用を図ることとしました。
この制度は、市の全ての公共施設や土地を対象に、利活用アイデアを随時募集し、事業化に向けた検討を行う制度です。
アイデア段階でも構いません。
事業化に向けて一緒に考えていきましょう。
皆様からのアイデア・ご提案をお待ちしています!
pdf民間提案制度パンフレット(pdf 1.14 MB)

目的

公共施設等の利活用について、民間事業者から提案を募り、新しい視点から施設の在り方を見直し、積極的に事業化を図ることで、地域課題の解決、持続可能な社会づくりを推進します。
※市は、見直し効果として、「行政サービスの向上」、「地域活性化」、「財政負担の軽減」を想定していますが、これらに拘らず、まずは自由にご提案ください。
実施目的

提案の対象

本市の所有する全ての公共施設等(建物及び土地)
※特に提案いただきたい施設はコチラ

募集する提案内容

提案者自らが行う事業であり、事業を通じた行政サービスの向上、行財政の効率化又は地域の活性化の効果を有するもの
例)空きスペース・施設の有効活用、閉校施設の再利用、効率的な施設管理、利用の少ない施設の利活用、既存施設を利用した自主事業の実施など
※すべての効果を備える必要はありません。

提案できる団体

提案した事業を実施する意思と能力のある団体(法人格の有無は問いません)
※個人の提案や、市や他者に実施させる提案、既存の委託事業を安く受注することを目的とした提案はお受けできません。

提案方法

まずは、公共施設活用課へご相談ください。
相談を通じて、事業化までの流れや必要なデータ、事業化に向けた課題等を説明し、事業化を支援します。
内容が具体化された時点で、提案書(別紙様式第1号)をご提出ください。
提案書は、持参、郵送、電子メールのいずれかの方法で1部ご提出ください。

提案の取扱

事業化までの流れ

提案が採用され、事業化に向けた協議成立後は、提案者と随意契約を締結します。
minkanteianhuro

提案の評価方法

提案内容のヒアリングを経て、「民間提案評価委員会」での協議を踏まえ、採否を決定します。
<提案の評価基準>
提案内容に公益性が期待でき、独自性・実現性が高く、提案者が十分な実施能力とノウハウをもっているか

提案採用後の流れ

採用の場合、提案者を優先交渉権者とする協定を締結し、事業化に向けた詳細協議を行います。
協議成立後、事業化を決定し、提案者と随意契約を締結します。  

留意点

  • 提案や協議にかかる費用は、原則として提案する事業者の負担とします
  • 提案書の提出後、おおむね4ヵ月以内に評価結果をお伝えします
  • 協議が合意に至らなかった場合や予算案件等が議会で承認されないなどの事由により実施できなくなった場合は、本件は事業化されませんので、ご了承ください
  • 提案は、知的財産として取扱い、採否に関わらず、市の設計・仕様等に流用することはありません
  • その他、ご不明な点がありましたら、公共施設活用課へご連絡ください

関連資料

pdf鹿沼市公共施設等民間提案制度実施要綱(pdf 298 KB)
docx様式第1号_公共施設等活用提案書(docx 28 KB)
 

掲載日 平成30年3月30日 更新日 令和元年8月5日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
財務部 公共施設活用課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2152
FAX:
0289-63-2224
Mail:
(メールフォームが開きます)