このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

医王寺唐門

医王寺唐門  

名称 

医王寺唐門
(いおうじからもん) 

基本情報

江戸時代
宝暦3年(1753)

入母屋造 

指定

県指定(昭和48年1月12日) 

所在地・アクセス

鹿沼市北半田1250
東高野山医王寺
北関東自動車道「都賀インター」から約15分・東北自動車道「鹿沼インター」から約15分
東武日光線新鹿沼駅からタクシーで15分・東武日光線楡木駅から徒歩25分 


より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

宗教法人医王寺 

成り立ち・見所

医王寺の金堂をすぎて、北側の一段高い台地に至ると入母屋造(いりもやづくり)平入り四脚門(しきゃくもん)の正面に軒唐破風(のきからはふ)を設けた壮麗な唐門があらわれます。 同寺の数ある伽藍(がらん)のなかで、随一の美しさを見せるこの門は、平成13年から平成15年にかけて、全解体修理が おこなわれ、往時の姿がよみがえりました。
宝暦(ほうれき)3年(1753)の造立(ぞうりゅう)で、細部は日光東照宮陽明門と同様に地紋彫・ふぐら彫などの技法を とっています。 茅葺屋根の柔かな曲線と褐色。繊細な彫刻に胡粉(ごふん)の白。垂木(たるき)の朱や桟唐戸(さんからど)の黒色 。これらがそれぞれに調和した結果、非常に優雅でかつ落ち着いたたたずまいを見せています。
なお現在は茅葺となった屋根ですが、昭和57年(1982)以前は麻殻葺だったとも言われています。


掲載日 平成22年8月19日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー