このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 木造 千手観音菩薩坐像

木造 千手観音菩薩坐像

 

木造 千手観音菩薩坐像

名称 

木造 千手観音菩薩坐像
(もくぞう せんじゅかんのんぼさつざぞう) 

基本情報

南北朝時代から室町時代

寄木造
像高39.5センチメートル 

指定

県指定(昭和37年4月24日) 

所在地・アクセス

上石川608-3 

所有者

永林寺 

成り立ち・見所

威厳のある面相、彫りが深く自然で煩雑さのない衣褶(いしゅう)、短めの胴部などにより、格調ある像となっています。寄木造(よせぎづくり)、玉眼で、造像手法から南北朝から室町時代にかけての作と考えられます。保存状態は良好です。千手の持ち物が欠けていたり、破損しているところもありません。光背(こうはい)は周縁部が透彫(すかしぼり)、上部にキリークの種子(しゅじ)をつけた舟型光背です。高い蓮華(れんげ)八重の台座(だいざ)に乗っています。これらは、天冠帯(てんかんたい)、瓔珞(ようらく)などとともにいずれも江戸時代に後補されたものです。  


掲載日 平成22年8月20日 更新日 平成28年11月15日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー